新ぶんじん日誌V(2024年1月〜)  TOPページ

*「南の風」最終4311号 南の風一覧(1998年〜2023)→■ 旧ぶんじん日誌→■
  
新ぶんじん日誌T(2022〜2023)→■  新ぶんじん日誌U(2023)→■(前ページ)

<目次・2024>
25号(2024年1月7日):お正月・新年会の賑わい(回想)
26号(2024年2月29日):ホームページに異変あり
27号(2024年3月27日):花のたより 訃報ふたつ
28号(2024年4月8日):40年余、やんばる(名護・宜野座)との交流
29号(2024年5月8日):ホームページに載らなかった奥多摩の山桜
30号(2024年 月 日):


 
新【ぶんじん日誌】2024

第25号(2024年1月7日):
 お正月、新年会の賑わい(回想)
 お正月にいろんな方から年賀状をいただいた(御礼!)。旧年とくに11月「東アジア生涯学習研究フォーラムin名護」の経過もあって、感想や評価も添えられ、また中国そして台湾や内モンゴルからも(中には長文の)賀状を拝受。有り難うございました。当方は、先年の大手術・長期入院以降、すでに賀状欠礼の身。この「ぶんじん日誌」(25号)をもって、年頭ご挨拶とさせていただきたく、お許しを。
 正月元旦は、息子一家が来訪。すでに成人となった孫たちと楽しく屠蘇酒を汲み、日本酒からワインに移ったところで、能登の大地震・激発のニュースが飛び込んできた。被害の映像が次々と流れてきて、つらい年明け。追っかけて翌2日には羽田空港の衝撃的な衝突ニュース、日本航空機は炎上、はじめて目にするような大型機消失の映像。ただごとではない新年の幕開け。ぶんじん個人としては、年末からの失せ物(キャッシュカード)がポロリと顔を出し、また永く会っていない従兄弟(千歳烏山・旧京王書房)から「お正月参上!」の嬉しい電話、いい気分だっただけに、まさに暗転!の三ヶ日となった。屠蘇の祝いも吹っ飛んだ。
 正月と言えば新年会。振り返ると小林宅は1980年代から「新年会」で賑わってきた。格闘してきた思いも。まず正月は福岡油山で旧学生たちと新年を祝い、次いで沖縄へ飛んで(沖縄研究最盛期には正月休みは必ず沖縄に旅してきた)、那覇や名護の皆さんと「いい正月でびる」と挨拶をかわし、その後に東京に帰って永福自宅の新年会が待っていた。日程は当初は1月15日を定例化。当方としては、それぞれにやってくる年始客を1日にまとめる算段。留学生にも声をかけ、また媒酌した新カップルもあり、子ども連れもやってきた。
 まず連れ合い・富美さんの理解が大事。そして田中美奈子さんなど幹事役の協力もいただいて、昼から深夜まで、多い年には(子ども達まで含めると)50人を超えるお客さん。せまいマンションに押しあいへしあい座って会が始まる。夜に向けてだんだんと酒呑み常連がやってきて、本格的な新年会が佳境に入る。しかし酔っ払いは深夜になっても帰らない。その後、これ以上は無理ということになって、近くのレストラン等を貸し切って、昼だけの新年会に切り替えるかたちとなった。だがその後も二次会への思いあり、小林宅の夜の混雑は残り・・・最近ようやく静かに・・・と思い出尽きず。
 ホームページに新年会や七夕の集い(もともと留学生向け)の記録・写真をアップしてきた。初期の頃(1986年)の画像を掲げておこう。懐かしい皆さん! 今年の新年会は1月13日午後予定(幹事・江頭晃子さん、案内→■)。久しぶりに、お出かけを。
38年前の永福・新年会(韓民・高峡夫妻、羅李争等の中国留学生、若い富美さんの顔も、1986年1月) 


第26号(2024年2月29日):
 ホームページの補修と運営ー異変あり
 
いまTOAFAEC公式通信・発行は山口真理子さん(事務局長)が奮闘中。ご苦労さま。
 ぶんじんは「南の風」発行を終刊とし(4311号・2022年4月11日)、いま折々のこと、勝手気ままに書くだけの自由の身。新「ぶんじん」通信に切り替えてほぼ2年となった。月に1,2本は書くリズムをつくってきたが、それも忘れるような気楽さ。いや老化進行を証明する「ぶ日誌」(本欄)だ。この2月は、1本も書かないまま3月に移ろうというときに、とんでもない事態に遭遇した。大事なTOAFAECホームページの異変!
 ホームページの更新・運営はいまなお現役。この30年ちかく、孫のように慈しんでHPを育ててきた。わずか1ページの幼な児(1997年6月オープン)から、手とり足とり、鍛えながら、各種のフアイル・写真を収蔵し編集して供覧ページを創ってきた。1ページから2ページへ、3フアイルから4フアイルへ。写真も捨てず、関連フアイルのなかに折り込み、案外と面白い独自の収蔵庫が拡がって、20歳をこえ、今も成長中だ。もっとも腐心してきたのは、サイト内の相互のリンクづけ。あるページに入り、リンクをたどっていけば目当てページに確実にたどりつける。慣れれば、10〜20秒ぐらいでの出会い。
 ところが先日、出先でいつものようにスマホを使ってデータを引き出そうとしたところ、表紙の大事なリンクが多数切れていることを発見。裏切られた思い、ホームページ表紙の半分近くのフアイル・リンクが消失していた。幸い家のパソコンHPは異常なく、一息ついて安堵。しかしスマホは怖い! 一挙に造反された感じ。原因はまだよく分からない。修復に終日を要した。この異変の原因・背景、どなたか詳しい方に教えていただければ幸い。
 できれば、関心ある方々にTOAFAECホームページ(http://www.bunjin-k.net/)を覗いてみていただきたい。当方は手探りでページ作りを重ねてきた素人。このページには、ぶんじん資料と、TOAFAEC関係記事・記録を掲載する共用サイト。「ぶんじん」が前世紀末から発行してきた通信「南の風」「公民館の風」記録(全文ではない)、TOAFAEC定例研究会記録・年報「東アジア社愛教育研究」全目次・編集資料。加えて東京(大都市)、沖縄・韓国・中国・台湾・ベトナムなど東アジア社会教育・生涯学習関連などいろいろ。最近1997年ホームページ初版もあえてアップ:初期ホームページ(1997〜2002年)→■。 今世紀にデジカメが使えるようになって以来の画像も少なからず収録。 TOAFAEC「ホームページ史」→■もご覧を。
いまHP表紙を飾っている沖縄・備瀬浜の潮溜り。はじめてのデジカメ写真(2003年1月)。20年
 を経過して今も珊瑚礁・右方に破船が漂流しているだろうか。年に1回はHP表紙を飾る記念の1枚。


第27号(2024年3月27日):
 開花おくれ、訃報二つ
 今年は桜開花が遅れている。東京は冷雨・曇天(菜種梅雨)が続き、まだ開花宣言に至らず(3/26現在)。温暖化以前の昔にもどった感じだ。四月の入学式あたりに桜満開か。桜の想い出(1980年代)は、何よりも小金井・学芸大学キャンパスで、社会教育研究室主催による盛大な花見の宴を催してきたこと。新入りの院生・留学生を歓迎しつつ、近くの国分寺市民や劇団「ふるさとキャラバン」から参加の年もあり、研究室の活気、皆さんとの楽しい思い出が甦る。
 ぶんじんは桜に恵まれてきたようだ。生家の庭(今は道路になってしまった)のソメイヨシノ大木。戦時中、その下に防空壕を掘って「空襲警報」をしのいできた。満開の桜花の上空に、憎き米爆撃機B29の翼がキラキラ輝いていた妙な記憶も残っている。小・中・高ともに、校庭には桜が咲いていた。そして小金井(学芸大学)の桜が実に見事! いま暮らしている杉並・永福も、神田川・善福寺川沿いに桜並木、春爛漫を競いあう一帯だ。この季節にはホームページ表紙に桜をかざる慣わし。今年は杉並ではなく、東京奥多摩の山桜の一枚(初出)を載せる予定(開花宣言後)。山桜はソメイヨシノより数週間遅れて咲き、4月下旬が見頃となる。
 花の季節を前に、残念な訃報二つ。2月29日に酒匂一雄さん(東京都庁→福島大学)が亡くなられた。風の便りに保谷の自宅を引き払われたニュースが聞こえてきて、気になっていたが、町田で逝去されたとのこと。ぶんじんの同世代(一歳上)。宮崎出身でお互い九州の同郷意識でも結ばれていた。月刊社会教育・編集長(1975年)、日本社会教育学・会長(1997年)ともに、巡り合わせで「ぶんじん」から酒匂さんへ引き継いだ。この間に20年余の間隙があり、学会体制の“老齢化だろう”などと語り合ったことを思い出す。酒匂さんが亡くなられて、社会教育・同世代の仲間がほとんどいなくなった。ご冥福を祈るのみ。
 沖縄からの訃報は安里英子さん逝去のニュース(3月18日・75歳)。17歳も年下の訃報は悲しい。私たちが沖縄研究を始めたころ(1977年〜)、那覇・久茂地の喜納勝代さん文庫の近くで、雑誌「地域の目」を創刊された人。その後は1991年「揺れる聖域」、そして「琉球弧の精神世界」等を出版され注目を集めてきた。私たちが那覇で資料調査に呻吟していた頃、、安里英子さんが呼びかけて名護・今帰仁に連れだして頂いた。やんばると出会い、象グループ・大竹康市等と杯をかわすきっかけをつくって下さった。福岡・油山の別宅にもお出でいたことがある。最近はお会いする機会がなかったが、40年あまりの得難いお付き合いに感謝!安里さんのことはまた書くことにしよう。
月刊社会教育800号パーティにて・故酒匂一雄さん(2022年1月29日)


第28号(2024年4月8日):
 40年余、やんばる(名護・宜野座)との交流   *関連報告「やんばる対談」→■
 
学会70周年向け原稿チェックの約束も果たせぬまま、今年の「やんばる対談」(4月6日午後、やんばる・蔓草庵)に出かけていました。“やまと”からは、ぶんじん・山口真理子の常連、石井山竜平・上野景三の計4人。さきほど(8日夕)帰京。下掲の写真は上野・山口お二人の撮影。ありがとうございました。皆さん、お疲れさま。いろいろとお世話になりました。しかし、年のせいか、今回はひどく疲れました。そろそろ沖縄行きも自重すべきか?と思ったほど。写真の整理を始めて、すこし元気をとりもどし、本文を書き始めています。たくさんの「やんばる対談」(6日)写真から、とりあえず2枚。そして久しぶりの宜野座・城間盛春さんとの再会“ゆんたく”(7日)の1枚を掲げました。ぶんじんの写真を振り返ると、2017年(妻の死亡、ぶんじんの股関節手術)以降は、ほとんど笑顔を失っていますが、久しぶりに盛春さんと会って破顔一笑。盛春さん、撮影した真理子さん、ありがとう。
 名護・島袋正敏さんはお元気でした。通院されていますが、ますます冴えて、「集落と字誌づくり」について貴重な発言(年報29号お楽しみに!)。中村誠司さんも参加、1990年代の名護市史編纂室の活気(『字誌づくり入門』など)を思い出しました。初めての参加は「二見以北十区」の浦島悦子さん(名刺の肩書:三原字誌作成委員会・委員長)。集落誌づくり事務局を担っておられるのです。九州大学に米ジェット機が落ちた当時の学生だったとか。そしてご存知・比嘉久(名護博物館長、屋部区)、渡口裕(市教委、城区)のお二人。また那覇から鷲尾真由美さんなどお二人の参加、ご苦労さま。沖縄独自の字誌づくりの話になると、“やまと”側はもっぱら聞き役でした。
 夜の交流会は、稲嶺進(前市長)、稲福善弘(前名護博物館長)、宮城満(前名護図書館)などの皆さんも参加。小林ゼミ学生を含めて、40年余りの交流。希有のことと皆さんに御礼を申し上げました。翌7日は、石井山さんの車で、宜野座・城間盛春さん(出会い当時は25歳の字公民館長、その後宜野座村議会議長など歴任)を訪ね、久しぶりの“ゆんたく”を楽しんだのでした。
 実は本ホームペーページ中の、最も古い記事「沖縄社会教育研究会」記録に、こんな一文があります。「1982年3月19日〜25日 沖縄調査(第17回)小林文人・学生ほか計6名(白井・樋口など学生、中国からの留学生・韓民、博物館研究・伊藤寿朗など参加)ー名護博物館準備室長・島袋正敏氏、宜野座区公民館長・城間盛春氏など」
 →■http://www.bunjin-k.net/1976toafaeczennsi.htm。 
 名護と宜野座の二夜、やんばる(山と海)の珍味で、私たちを歓迎いただいたのでした。この出会いから、40年余りの「やんばる交流」がはじまったのです。正敏・盛春のお二人に感謝!


第14回やんばる対談(4月6日、名護・底仁屋「蔓草庵」にて)上野景三撮影
*時折、雨が降ってアマガエルが大声で鳴いた。横に見えるのは山羊小屋、いま山羊はいない。

夜の交流会、左より島袋正敏、島福善弘、稲嶺進各氏とぶんじん(6日夜、上野撮影)
*手前のテーブル(見えない)に、石井山竜平、山口真理子、上野景三、渡口裕、宮城満など各位


再会の“ゆんたく”城間盛春さん(右)とー宜野座区公民館にて、4月7日ー山口真理子撮影


第29号(2024年5月8日):
  ホームページ表紙(index)改装ー表紙に載らなかった「奥多摩の山桜」
 のんびりと老後を楽しんでいるはずなのに、この1ヶ月、またしてもホームページ・表紙写真に翻弄されてきた。ぶんじんホームページは、デジカメが普及するようになった今世紀の初頭から、手撮り写真1枚を選んで表紙中央を飾ってきた。20年余の蓄積となる。画像のまわりに、TOAFAEC活動の研究会案内や年報刊行、旧「南の風」記録、ぶんじん収蔵資料(追悼・エッセイ等を含む)などの「目次」一覧を配するかたち。サイト内リンクを充実し、掘れば出る記録・資料の山・・・・この構図が20年余り定着してきた。
 表紙中央の画像は、花や夕景、富士や沖縄の海、折々のスナップ写真。削除しないので、TOAFAEC・ぶんじん記録として蓄積されてきた。歳月とともに「沖縄・東アジア」関連資料が多数アップされたホームページ。その表紙の中央画像はほぼ半月前後でで次の1枚へ。2023年の一覧は記録として、HPの隅っこに収蔵しておいたので、ご覧いただければ幸い。→■
 四月・桜の季節。豪勢なソメイヨシノが花見情報でも乱舞するなか、こちらは東京奥多摩の地味な「ヤマザクラ」の1枚(下掲)を用意してアップ予定した。少年時代、自宅門の脇のヤマザクラには蝉がよく来て、楽しんだ記憶もあり、またこの奥多摩の1枚にも叔母の思い出が重なっていた。ところが表紙中央に飾って編集・アップしたが、画像だけがどうしても現れてこない。四苦八苦したが、うまくいかない。そう言えば、本日誌26号(2月、上掲)でも「異変」があった。2月はなんとか収拾できたが、今回はどうしても直らない。数週間、真ん中だけブランクのまま、HP表紙が世に流れていた。
 メール通信「南の風」が終刊(4311号)となって、この4月で2年。終刊の際、ホームページ運営も九十歳を過ぎた老爺が担当するには無理がある・・・次の若い世代への交代をお願いした経過がある。半月近くもブランクのHP表紙を世にさらして恥ずかしいが、画像を囲んでいたTOAFAEC記録・ぶんじん収蔵資料類indexは、従来通り機能しているので、(殺風景ながら)写真を抜いて新しいHP表紙とし、再スタートさせていただくことにした。
 記録・資料indexの表紙位置どりは少し変わったが、大きな構図・内容は同じなので、お許しいただいて、これまで同様、活用いただければ有難い。サイト内リンクは、これまでの蓄積あり、繰り返して申し訳ないが、掘れば出る宝(記録・資料)の山。かなり「ぶんじん資料」の比重が大きいが、韓国グループ、中国・台湾、沖縄研究などTOAFAECメンバーのエネルギーが集積されている。すべてダウンロード可。とくに初めての方、ぜひご訪問を。もしお気づきの改善点などあれば、ご一報を。
ホームページに載らなかった奥多摩の山桜(2005/04/24) 関連画像→■


第30号(2024年5月 日):






*第24号(2023年)まで■(前ページ)

                        TOPページ