兵庫県洋服商工業協同組合 コンテンツ
兵庫県洋服商工業協同組合 お問い合わせ先

兵庫県洋服商工業協同組合〒650−0017
神戸市中央区楠町1丁目8−17日の出ビル1F
TEL:078-335-5848
FAX:078-335-5849
MAIL:info@youfuku.biz

近代洋服発祥の地「神戸」

日本近代洋服発祥の地碑文

開港により、外国人居留地が設定され、この居留地に移住してきた外国人によって、神戸に洋風文化がもたらされました。

  明治2年、英国人カペル氏が元居留地16番館に洋服店を開業したのが神戸における、洋服商の始まり。
 明治5年、政府は太政官布告373号をもって、洋服の着用を布告。爾来、神戸洋服というブランドが誕生することになった。英国人に仕立て技術を学び、習得することで洋服仕立て商が興り、その技術とファッションセンスは全国に名声が喧伝され、今日まで伝統が引き継がれ、神戸洋服を守り続けている。

 右記の写真は、太政官発令100年にあたる昭和48年を記念し、ファッション都市神戸が宣言した「日本近代洋服発祥の地」の顕彰碑。東遊園地に建立し、神戸洋服と言えば日本を代表する洋服(=背広)のブランドとして、多くの人に知られるようになった。

一途なテーラーを描いた映画『繕い裁つ人』公開

「繕い裁つ人(映画)」 渡辺葵の人気コミックを映画化したもので、主人公市江(中谷美紀)が時代に流されることのない、頑固で一筋の2代目仕立て職人を演じる。百貨店バイヤー(三浦貴大)が足しげく通い、ブランド展開を誘うところが映画の見どころでもあるが、最後までその人の1着にこだわり、信念を貫く。市江の祖母と長い付き合いのテーラー役に伊武雅刀。兵庫県西宮市のヨシムラ洋服店が協力し、テーラー橋本で登場する。舞台は三島監督が神戸女学院時代に過ごした兵庫県(神戸市、川西市、西宮市)、2014年3月撮影。
 映画には阪神淡路大震災から20年。復活した神戸の街を見せたいとする監督の思いが込められた。同時に、ファストファッション全盛期に流行に左右されないスローファッション訴えるとともに、シンプルな生き方を問いかける作品でもある。>>映画公式サイト

新着情報

2017/3/20
2017年春夏 神戸洋服フェスティバルが兵庫県学校厚生会館で開催されました。
2016/10/3
2016年秋冬 神戸ファッションフェスティバルが神戸クリスタルタワーで開催されました。
2016/3/13
2016年春夏 神戸ファッションフェスティバルが神戸クリスタルタワーで開催されました。
2015/10/5
2015年秋冬 神戸洋服フェスティバルが神戸市産業振興センターで開催されました。
2015/9/1
神戸ものづくり職人大学6期生募集は締めきりました。
2015/3/6
「2015年春夏 神戸洋服フェスティバル」が神戸クリスタルタワーで開催されました。
2015/3/1
神戸ものづくり職人大学、6期生を募集中です。
2014/10/20
「2014年秋冬 神戸ファッションフェスティバル」が神戸クリスタルタワーで開催されました。
2014/3/17
「2014年春 神戸洋服フェスティバル3/15.16」ワンノットトレーズビルで開催されました。
2013/10/20
「2013年秋冬 神戸洋服フェスティバル10/19.20」神戸ハーバーランドで開催されました。
2013/3/6
「2013年春夏 神戸洋服フェスティバル3/16.17」神戸ハーバーランドで開催されました。
2012/10/18
「2012年秋冬 神戸洋服合同フェスティバル10/13.14」神戸ハーバーランドで開催されました。
2012/2/20
「2012年春夏 神戸洋服合同フェスティバル3/3・4」が神戸ハーバーランドで開催されました。

神戸ものづくり職人大学

兵庫県洋服商工業協同組合 組合員一覧

Copyright c 2010 兵庫県洋服商工業協同組合 All Rights Reserved.