画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

思いがけない土地で、思いがけない人々と出会う…こういうことが旅に厚みを加えてくれる。そんなことを確信した宮下さんでした。
という訳で、そんなこんなの宮下さんの旅からの情報です。


 

 
         
 

お得自慢の故郷を“よさこい”でパフォーマンスする「郷人」

全国の“よさこい”の大会で度々入賞している実力で、海外遠征もするほどだそうです。故郷への忠誠を誓い戦った白虎隊の精神、そんな会津魂をパフォーマンスにして発信しています。
「自分が会津人だっていう心意気を貫く会津魂」の“よさこい集団 郷人”です

 

画像
いい記念になりました

 
         
 

お得 元気魂のお母さんたちに出会うのが楽しい「大内宿」1
お土産店の「分家 美濃屋」


宮下さんが出会ったのは阿部ミヨ子さん(90歳)
「私がここに嫁来たときは養蚕、葉タバコで暮らしていました。
雪の時だって、こうやってみんなに昔の大内宿の話をしているんだ」

問合せ先
「分家 美濃屋」
住所:〒969-5207福島県南会津郡下郷町大内字山本45番地
電話:0166-92-5677

 

画像
夏も冬も一年中、こうやって店先に座って、
観光客と話すのが楽しみ、という阿部ミヨ子さんです

 
         
 

お得 元気魂のお母さんたちに出会うのが楽しい「大内宿」2
「本家 美濃屋」


軒下にある麦わらの束が“マメコバチの巣”という珍しいものを阿部美和子
さんに教えてもらいました。麦藁の穴の中にマメコバチという小さなハチが
巣を作っていて、これを果樹園に持っていけば受粉に役立つそうです。

問合せ先
「本家 美濃屋」
住所:〒969-5207福島県南会津郡下郷町大字大内字山本2
電話:0166-25-6003

 

画像
自然の中のめぐりあわせを上手に使っている生活の知恵に感心です。

 
         
 

お得 元気魂のお母さんたちに出会うのが楽しい「大内宿」3
美味しいそうな煎餅を焼く「山形屋」

「手焼きの煎餅、美味しいよ〜」と声をかけてくれた川島テルヨさん(70歳)が焼いていたのは“大内丸”という大きな煎餅、「食事終わったの?
うちの蕎麦、食っていきな。打ち立てだからさ…蕎麦打ち、という通り、生地を力いっぱい叩くんだよ」見事な10割蕎麦の出来上がりでした。
祝いの時に蕎麦をみんなで食べて、その時に歌う“蕎麦口上”というのを自慢ののどで披露してくれました。


問合せ先
「山形屋」
住所:〒969-5207福島県南会津郡下郷町大内山本43
電話:0241-68-2932


 

画像
「 俺の愛情が入っているし、炭で焼いているから美味いのよ」
“大内丸”300円

画像
ねぎが箸代わり?“ねぎ蕎麦”1100円

 
         
 

お得お気に入りの山里に移住してきた伝説のシェフ
「Chez やまのべ」

「空気が美味しい、水も美味しい、隣近所に家がない、こんなにいい環境って他にない」という山野辺宏さん(64歳)、三浦半島・葉山のレストランで総料理長を務めていました。自然豊かなこの地が気に入って25年前に移住してオープンした店は完全予約制、山菜や三浦半島から届く新鮮な海の幸など、その日に手に入った食材でお客さんに楽しんでもらいます。

問合せ先
「Chez やまのべ」
住所:〒969-5206福島県南会津郡下郷町湯野上舘本乙1316
電話:0241-68-3585


 

画像
こんな山の中に?「Chez やまのべ」
画像
おまかせコース山野辺 

 
         
 

お得人気急上昇の郷土玩具・“赤べこ”「野沢民芸」

“森と水とロマンの鉄道”という愛称の磐越西線で西会津町野沢へ。この土地で仕事をしている「野沢民芸」で作られているのは会津の郷土玩具“赤べこ”、コロナ禍の中で人気急上昇なんだとか。
なぜか?・・・江戸時代に天然痘がはやった時に“赤べこ”を魔除けとしたと言われ、コロナまん延の中、今またみんながそれにあやかって買い求めているといいます。
赤い色は魔除け、黒い丸は天然痘の名残りだそうです。

問合せ先
「野沢民芸」
住所:〒969-4406福島県耶麻郡西会津町野沢字上原下乙2704ー2
電話:090-9755-0432

 

画像
郷土玩具・“赤べこ”の「野沢民芸」
画像
手作業でベテランの絵付師の手によって仕上げられる
“赤べこ”です。

 
         
 

お得伐採から加工まで一貫生産にこだわる「きこりの店」

会津の山に生育する広葉樹で家具や、インテリア用品、木造家屋までを伐採、製材、加工を一貫作業で木の命を生かすことに拘っている「きこりの店」
自然の中で、長い年月かけて大きく育った広葉樹、この木の歴史、生命を生かして製品にしています。社長の小椋敏光さんの哲学に感心、納得の宮下さんでした。

問合せ先
「きこりの店」
住所:〒967-0323福島県南会津郡南会津町岩下93
電話:0241-78-5039

 

画像
「きこりの店」
画像
ショウルーム内は木の香りが一杯、木のスピーカーなんていうのも
気になる製品です
画像
モデルハウスの内部「住んでみたいなぁ」と宮下さん

 
         
 

お得伝統の川漁“ませ漁”

会津田島の清流・阿賀川で川漁師の星 正さんとその仲間の皆さんに“ませ漁”
という伝統漁を見せていただきました。放送でご覧の通り、この時期に産卵のために集まるウグイを投網で獲るという漁です。宮下さんも投網の特訓を受けて、挑戦しました。そして、「こうやって、食べるのが一番おいしいのよ」というごちそうを河原でいただきました。

 

画像
産卵期のウグイは腹が赤いので“アカハラ”
画像
串焼きにした後、素揚げしていただくのが一番旨い!

 
         
  *番組ではご紹介できませんでしたが宮下さんはこちらにもお邪魔しました。      
         
 

お得ちょっと変わった鯛焼き・キッチンカー「マナコケ屋」

会津鉄道 湯野上温泉駅の近くで営業しているキッチンカー「マナコケ屋」、そこで売られていたのは「ホオズキ入りのたい焼き」です。
「ホオズキ入りのたい焼き」あんこ、チョコ、クリーム(リンゴ入り)の三種類で各200円です。

 

画像
キッチンカー「マナコケ屋」
画像
ホオズキとあんこのコラボ

 
         
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.