画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅

  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

福井県つるの剛士さんの旅、見どころでも書きましたが、 福井県はなじみが薄いのでしょうか…関西の方は番組表の福井県では 食指が動かないようです。関東の方の関心が断然多かったです。
でも、関西で見た方は予想通りで、「福井って面白い所だね」 「旨いものあるね〜」「カニの季節に行くとしたら福井だね〜」でありました。
「これはすごい!」「これはうま〜い!」「この技術、知恵って すごいよ〜」連発のつるのさんの旅の情報です。


 


   
         
 

お得 越前ガニの初セリ、
でも地元の通はセイコガニ「食事処こまつ亭」


今年の初漁は量も多く、大きさも十分だったようです。 ご祝儀相場は46万円?と聞こえましたが・・・小松鮮魚店に 並ぶ越前ガニはそれなりの値段でした。地元の皆さんがおっしゃるには 「安くてうまくて手ごろな値段で食べるのはメスのセイコガニ」とのこと。 「食事処こまつ亭」で頂いた「セイコ丼」の美味かった事!


問合せ先
「食事処こまつ亭」
住所:〒916-0313
福井県丹生郡越前町新保12−57−5
電話:0778-37-1607

 

画像
身と卵を混ぜて
美味しさがいっぱいの丼です

 
         
 

お得 昆布の名品・蔵囲昆布「奥井海生堂」

北前船で運ばれ、敦賀で育まれた昆布文化。昆布卸の老舗 「奥井海生堂」には蔵囲(くらがこい)昆布というものがありました。
礼文、利尻で採れた昆布を専用の昆布蔵で一年ほど寝かせて、 旨味を増した「蔵囲昆布」に仕立て出荷されます。中には30年以上も 寝かされたビンテージ物もあります。包丁一本で切り出す細工昆布の技にも驚くつるのさんでした。

問合せ先
「奥井海生堂」
住所:〒914-0072
福井県敦賀市金ケ崎町9−10(本社)
電話:0770-22-0493
r>

 

画像
「奥井海生堂」
画像
蔵囲昆布・平成元年物です!

 
   
 

お得 細工昆布の妙技「現代の名工・別所昭男さん」

専用の包丁一本でおぼろ昆布を切り出す別所さんの技術、 厚さ僅か0.01ミリの淒い技です。昆布かきの時は「息を止めなければ」 という刃物の動きと呼吸が整わないといけない名人技、見どころでご紹介した、 まさに名工の動きです。


問合せ先
「別所商店」
住所:〒914-0814
福井県敦賀市木崎33-7-2
電話:0770-23-7689

 

画像
特注「極」(太白おぼろ昆布)

 
   
 

お得 「敦賀・鉄道と港」まちづくり・敦賀港イルミネーション

港を飾るイルミネーションの海「ミライエ2020」12月25日までの予定です。



 

画像
港を飾るイルミネーション

 
   
 

お得 若狭湾の絶景「レインボーライン・山頂公園」

若狭湾と三方五湖を見る絶景ポイントです。山の麓から ケーブルカーで昇ると眼下に広がる絶景につるのさん、 この旅で何度目かの「凄〜い」です。
山頂公園入園料:大人900円、小人500円




問合せ先
「レインボーライン」
住所:〒919-1301
福井県三方上中郡若狭町気山18-2-2
電話:0770-45-2678


 

画像
山頂へはこの可愛いケーブルカーで
画像
こんなソファーテラスでリラックス

 
   
 

お得 三方五湖の伝統漁・
ウナギ筒漁天然ウナギ「ウナギ料理 徳右ェ門」

海水と淡水が交わる三方五湖、ここで行われている伝統漁・ 柴漬け漁で川エビ、うなぎ竹筒漁で獲るのはクチボソアオウナギ、 このウナギ一日に揚がるのはほんの数匹、希少なうえに美味しいと あって食通もうなる幻のウナギです。
どうして口が細いのか、見どころの写真の答え⇒エビを食べたり、 砂の中のゴカイをほじるので口が細くなるんだそうです。 この絶品の天然ウナギを「ウナギ料理 徳右ェ門」で頂きました。


問合せ先
「うなぎ料理 徳右ェ門」
住所:〒919-1331
福井県三方上中郡若狭町鳥浜44−18
電話:0770-45-0039

 

画像
「ウナギ料理 徳右ェ門」
画像
皮がしっかりしていて
よい脂がのっているから味が違う
三方湖産天然うなぎ うな重6300円

 
   
 

お得 サバの町・小浜の名物・浜焼きサバ「朽木屋」

小浜から京都へさばを運んだことから「さば街道」の名が残っています。
その道筋でさばを焼くいい匂い。「朽木屋」で浜焼きサバを頂きました。


問合せ先
「朽木屋」
住所:〒917-0084
福井県小浜市小浜広峰39
電話:0770-52-0187

 

画像
「朽木屋」
画像
「脂がのっていて旨〜い」
浜焼きサバ1300円〜

 
   
 

お得 新しい小浜の名物・よっぱらいさば
「田烏(たがらす)水産(株)」

最近小浜ではさばの漁獲量が減少していて、“さばの小浜”を 守るため5年前からさばの養殖が始まっています。餌に特別なものを 使って脂ののった美味しいさばに育てています。そのエサはなんと! 京都の酒蔵から取り寄せた“酒かす”、という事でブランド化して 付けた名前が“よっぱらいサバ”。管理を徹底しているので刺身でも食べられるそうです。


問合せ先
「田烏水産株式会社」
住所:〒917-0101
福井県小浜市田烏63-3

 

画像
さばの養殖場

 
   
 
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.