画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

つるの剛士さん、持ち味の明るい人柄で出会った人々を更に楽しそうな雰囲気にしていましたが、皆さんも一緒に旅した気分になりましたか。
南予地方の八幡浜、宇和島、旅番組ならではの臨場感が出ていたと思います。
見どころでも書きましたが、つるのさんと松田Dが出会った土地の皆さんの生活の中からのお得情報です。

 



 
         
 

お得港でこんな大物が釣れるの!?
「釣り公園・シーロード八幡浜」


釣りマニアで知られるつるのさん、愛媛県八幡浜で耳寄りな情報をゲット!
教えて貰ったのは港近くの浮き桟橋、「えぇ〜本当にここで天然の大物が釣れるの?」釣り堀じゃありません。まず、生きたアジを釣り、それを生餌にして釣ります。他の釣人たちも大物を釣り上げていました。
釣りの準備などでは「きくち釣具店」の菊池さんにお世話になりました。

お問合せ先

「釣り公園・シーロード八幡浜」
住所:〒796-8501愛媛県八幡浜市北浜1-1-1
電話:0894-22-3111

「きくち釣具店」
住所:〒796-0087愛媛県八幡浜市北浜1-3-15
電話:0894-24-0123

 

画像
つるのさんの釣りあげた大物ハマチです

 
         
 

お得豊富な魚種が集まる「ど〜や市場」

タイ、サワラ、エビ、イカなど色々な魚介類、海産物が並ぶ賑やかな市場で、これまたいろいろな店を見て歩くのが楽しいです。「山西商店」で八幡浜の魚の美味しい訳を伺いました。
八幡浜名物の“じゃこ天”、揚げたてを「八水蒲鉾」で満喫しました。

お問合せ先

「山西商店」
住所:〒796-0087愛媛県八幡浜市沖新田1581-23
電話:0894-24-1001

「八水蒲鉾・ど〜や市場店」
住所:〒796-0087愛媛県八幡浜市沖新田1581-23
電話:0894-24-1660

 

画像
瀬戸内、宇和海、豊後水道などいろんなところから集まる魚

画像
並ぶ“じゃこ天”どれも美味しそうです

 
         
 

お得八幡浜が発祥という“魚肉ソーセージ”「西南開発」

魚肉ソ-セージはここで生まれたんですね。水産加工業者の西南開発が戦後まもなく昭和26年、洋食ブームの先駆けとして蒲鉾の加工技術を生かして開発したんだそうです。

お問合せ先
「西南開発」
住所:〒796-0293愛媛県八幡浜市保内町宮内1-300-1
電話:0894-36-0653

 

画像
種類も多いです、20種類以上あると言います。

 
         
 

お得八幡浜ならではの“八幡浜ちゃんぽん”
「ちゃんぽん亭 イーグル」

今は3代目の中廣俊太さんが切り盛りする「ちゃんぽん亭 イーグル」。
先々代が横浜からタンメンとかを持って帰ってきて、“八幡浜ちゃんぽん”と名付けたそうです。鶏ガラスープのシンプルなラーメンといった感じでいわゆる“長崎ちゃんぽん”とは別物です。魚介を入れていないので漁師町の人たちが食べ慣れた味とは違うということで、外食として人気なんだそうです。

お問合せ先
住所:〒796-0075愛媛県八幡浜市沖之町358-2
電話:0894-22-2492

 

画像
「ちゃんぽん亭 イーグル」
画像
ちゃんぽん・640円

 
         
 

お得レトロな町並みのレトロな銭湯「大正湯」

八幡浜市大正町にある大正4年創業の「大正湯」、下駄箱や体重秤がとっても懐かしい風情です。お風呂の焚き口がまたユニークでしたね。未だに薪を使用していて、その薪がさすが八幡浜、山から切り出す薪でなく、なんと“かまぼこ板”の端材。つるのさんと松田Dの好奇心の賜物みたいな出会いでした。

お問合せ先
「大正湯」
住所:〒796-0033愛媛県八幡浜市1132
電話:0894-21-2033

 

画像
なつかしさ一杯の建物です。大人・400円、子ども・150円
画像
浴場の内部、タイルがまた何だか懐かしい

 
         
 

お得八幡浜から宇和島へ 
こんな出会いがありました


旅の後半はリアス式海岸が美しい宇和島へ。思いがけない出会いがありました。

*宇和島駅で乗り鉄、撮り鉄にとって一度はご対面したい「鉄道ホビートレイン」、0系新幹線の団子鼻を模った気動車です。

*宇和島では40種もが栽培されているという海岸線に拡がる柑橘類の畑。
その中でも国産化されているのは宇和島だけというシチリア原産の「ブラッドオレンジ」を栽培している「山内ファーム」で新しい夢に向かって挑戦する山内直子さんのお話、栽培だけでなくこれを使った調理法なども考案して広めようとしています。昨今の温暖化で南予地方でも栽培が可能になったという話、思わぬ所に環境の変化の現実がありました。

*養殖の盛んな宇和島の漁師さんの挑戦は“みかん鯛、みかんブリ”。
「中田水産」の中田さんにお話しを伺いました。伊予カンの皮を餌にするという試み、ほのかなみかんの香りで鯛やブリが更に美味しく感じたつるのさんでした。刺身だけでなく生卵と醤油ダレで食べる名物の“宇和島鯛めし”もご馳走になりました。

*そして、これを捌いてくれたのが「宇和島プロジェクト」の“サバキ女子”の奥村さんと松本さん。日本各地で宇和島産の養殖本マグロ(宇和島自慢の名物です)を広めるため解体ショーなどの活動をしています。地元の水産高校出身とあって鯛を捌くのもお手の物、宇和島の水産物販促広報活動に頑張る“サバキ女子”です。

お問合せ先

「山内ファーム」
住所:〒799-3741愛媛県宇和島市吉田町白浦字清水1529-1
電話:0895-52-3651

「中田水産」
住所:〒798-0087愛媛県宇和島市坂下津甲3
電話:0895-28-0305

「宇和島プロジェクト」
住所:〒798-0087愛媛県宇和島市坂下津甲94-13
電話:0895-28-0180

 

画像
先頭で記念写真、思わず敬礼です
画像
国選定重要文化的景観“遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の段畑”
画像
切り口の色が鮮やかなブラッドオレンジ
画像
伊予柑ジュースの搾りかす、これに魚粉などを混ぜます
今まで廃棄していたものが見事に役立っています

 
         
  *番組では紹介できませんでしたが、こんなところへも行きました。      
         
 

お得新鮮な海鮮丼や海鮮BBQが自慢の
「ど〜や食堂」

「ど〜や市場」に隣接する食堂で、八幡浜魚市場で水揚げされたばかりのピチピチ魚介類を特製海鮮丼やバーべキューなどを楽しめます。
海鮮バーベキューや鍋は事前予約して下さい。

お問合せ先
「ど〜や食堂」
住所:〒796-0087愛媛県八幡浜市沖新田1581-23
電話:0894-21-1537

 

画像
サザエの他・・・なんとも美味しいBBQです。

 
         
 

お得養殖筏の下で大物釣りに挑戦!
宇和島伝統ゴンク釣り! 

三度の飯より釣りが好きというつるのさん。旅の始めにも天然ハマチを釣りましたが、旅の締めくくりに大物釣りに挑戦しました!養殖が盛んな宇和島では、筏の下におこぼれのエサを狙って、天然のマダイがたくさん集まってきます。そのマダイを狙うのが、宇和島伝統のゴンク釣り。朱色に塗られた「ゴンク玉」と呼ばれるオモリに長さが違う2本のハリスをつけ、生きたサルエビを餌にタイを釣ります。アタリを感じ取ってから、強い引きのタイを釣り上げるまで緊張の連続。運が良ければ高級魚のイシダイが釣れることも…(少し専門的になりましたが、釣り人にとっては、愛媛県宇和島という遠距離も厭わず、一度は挑戦したいものだそうです)

 

画像
広い湾内に釣り船で、気持ちよさそうです
画像
つるのさんの釣果です

 
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.