画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

何度か紹介していますが、俳優、タレントなどの皆さんが 私たちの番組で旅すると「仕事なんだけど、仕事じゃないみたいで、 個人で旅する時よりも地元の人たちとの会話や思いがけない出会い、 発見が嬉しいですね」というような旅の感想をおっしゃいます。 松田悟志さんも2泊3日の道中、大好きな温泉やサウナ体験をして、 ほっこりと温まって雪国を後にしました。
そんな旅の中からのお得情報です。
なお、お出かけの際には積雪情報やコロナ禍対応情報をお確かめください。

 



   
 

お得 スキー場の空を飛ぶ
「ジップ・スカイライド」

谷を渡るもの、林の中を抜けるものなど最近あちこちにあるジップライン。
今回、松田さんが体験した新雪のスキー場の上空を飛ぶのは、格別でした。
料金:1回券 大人・2,000円 子ども・1,200円
問合せ先
「野沢温泉スポーツ公園 ジップ・スカイライド」
住所:〒389‐2502
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8005-2
電話:0269‐85‐2623

 

画像
「あんなに高い塔から!?」
画像
見た目はこんな感じ!

 
   
 

お得 野沢菜料理の数々、民宿「米太郎」

野沢菜など、地元でとれる食材を工夫して、色々な郷土料理を作っている”郷土料理研究会” 。 会長の竹井孝子さんから色々お話を伺い、 手作り料理が自慢の民宿「米太郎」で料理を作ってもらいました。
こちらへの宿泊の予約は電話でお願いします。


問合せ先
民宿「米太郎」
住所:〒389‐2502
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9459
電話:0269‐85‐2540
http://www14.plala.or.jp/yonetaro

 

画像
麻釜(おがま)で野菜を茹でます
画像
野沢菜を使った料理の数々

 
   
 

お得 野沢温泉村の名産品・あけび蔓細工「三久工芸」

麻釜で野菜や卵を茹でる人に交じって、あけびの蔓を茹でていた アケビ細工職人の久保田敏昭さんの工房であけび蔓細工の仕事をみせて頂きました。
江戸時代から続く伝統工芸、生活の場の周りにあるものを利用して きた先人の知恵に感心する松田さんでした。
「指を総動員、 ハンドメイド、機械じゃできない技ですね」との松田さんの言葉が印象に残ります。


問合せ先
あけび蔓細工「三久工芸」
住所:〒389-2502
長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷9274‐2
電話:0269‐85‐2178

 

画像
あけび蔓細工 三久工芸
画像
どれもこれも見事な職人技の品々です

 
   
 

お得 フィンランド式サウナ
「ゲストハウスLAMP・The Sauna」

サウナが大好きという松田さん、各地のサウナを巡っていますが、 野尻湖畔にある「ゲストハウスLAMP」でのフィンランド式の 雪国のサウナは格別でした。
The Sauna 1名・2,000円 貸切・14,000円〜


問合せ先
「ゲストハウスLAMP」
住所:〒389‐1303
長野県上水内郡信濃町野尻379‐2
電話:026‐258‐2978


 

画像
「ゲストハウスLAMP」
画像
雪国ならではのサウナの後の贅沢!

 
   
 

お得 猿と混浴?!「地獄谷温泉・後楽館」

「秘湯を守る会」の温泉です。温泉もさることながら、 猿との混浴?も思いがけない経験でした。
源泉かけ流しで清潔に保たれた露天風呂で猿も人も?大満足です。


問合せ先
「地獄谷温泉・後楽館」
住所:〒381‐0400
長野県下高井郡山ノ内町平穏6818-1 
電話:0269‐33‐4376
http://www.jigokudanionsen.com/

 

画像
「地獄谷温泉・後楽館」
入口の橋が秘湯気分をそそります。
画像
「う〜ん、いい湯だな」
この二匹、何とも可愛い姿です

 
   
 

お得 おやきの原点・
信州小川の庄「縄文おやき村」

昔から田んぼの少ない小川村の暮らし、コメの代わりに畑で 麦を栽培していました。その麦で作っていたのが“おやき”最近 の郷土食人気で、この小川村の“おやき”、ありあわせの野菜を 使っての素朴なおやきが評判を呼び、今ではこの村の名物にな っています。わざわざ遠くからも買い求める人がやって来るそ うです。昔から“おやき”を作っていたお年寄りが指導してくれ るおやき体験も出来ます。「村にやってくる人たちと話をしな がら作っているのが楽しいんだよ」と元気な皆さんです。
おやき体験・2個 540円


問合せ先
「縄文おやき村」
住所:〒381‐3302
長野県上水内郡小川村大字高府6937
電話:026‐269‐3767

 

画像
小川の庄「縄文おやき村」
画像
美味しいそうに焼けてます

 
   
 

お得 善光寺門前町の名物1
*佐久鯉「加藤鯉店」


善光寺の参道で大きな鯉がいる生簀のある店を見つけました。 中で泳いでいるのは立派な大きな鯉。食用に開発された ブランド鯉“佐久鯉”と言います。
「加藤鯉店」の加藤修次さんに、試行錯誤の末に出来たと いう塩で締める“紙塩作り”をはじめ鯉料理の数々を頂きました。 松田さん、初めての鯉料理に「あ〜美味しい、 あっさりしてめっちゃ甘いです」大満足でした。


問合せ先
「加藤鯉店」
住所:〒380‐0833
長野県長野市権堂町2394
電話:026‐234‐3255

 

画像
「加藤鯉店」
画像
美味しそうな!佐久鯉です

 
   
 

お得 善光寺門前町の名物2
*善光寺参拝土産発祥の唐辛子「八幡屋礒五郎本店」

善光寺さんに行ったらお土産はこれ、と勧められたのが“唐辛子”。
見つけました、「八幡屋礒五郎本店」の看板。中に入るとあの お馴染みの容器が並んでいます。好きな材料を混ぜて“ マイブレンド”を調合してもらえます。
作っている時の香りと手裁きを見ているのも楽しいです。


問合せ先
「八幡屋礒五郎本店」
住所:〒380‐0841
長野県長野市大門町83
電話:026‐232‐8277

 

画像
こんなポップな看板が呼んでいます
画像
ひとくちに“唐辛子”と言っても
色々な種類があります

 
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.