画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

瀬戸内海で3番目に大きいという山口県の「周防大島」には<みかん、千本桜、河津桜、600m級の周防大島アルプス、温泉、釣り、海めぐり、歴史…>と色々な楽しみがありますが、今回永井 大さんが巡ったのは、自然豊かなアロハな島《周防大島はハワイ!》夏にはもってこいの旅先です。
*「コロナ禍が収まったら」の旅の参考に如何でしょうか。

  画像
対岸の大畠から周防大橋を渡ると“ハワイ”が待っています

 
         
 

お得まずは海の気分、足こぎセーリングカヤック
「サルワーレ」

干潮の時だけ現れる無人島の彦島を目指しました。
途中、あまりの海に美しさに思わず飛び込んで泳いだ永井さんでした。
カヤックのアテンドをしていただいた梅田美知朗さんは、ご夫婦でレストランを経営しており、カヤック体験と食事のセットでツアーを組んでいます。
詳しくはホームページをご確認ください。
カヤック体験1人9,000円(ランチ付き)
https://saruwa-re.com/menu/


問合せ先
「サルワーレ」
住所:〒742-2104山口県大島郡周防大島町志佐1−1
電話:0820-80-4317

 

画像
インストラクターの梅田さん
画像
海大好きの永井さん、途中でこの瀬戸内海でひと泳ぎ

 
         
 

お得 ハワイなカフェ発見!「POWER BEACH」

「おーっと、ハワイっぽいですね」という店「POWER BEACH」、メニューも
英語!ドリンク類もハワイ、テラスからは砂浜を見渡すナイスビュー
お勧めのドリンク、「フラムーン」は周防大島産のはちみつ、自家製ハーブに
レモンライムで作られています。
店内には他にも“ハワイ”なメニューがいっぱいです。

問合せ先
「POWER BEACH」
住所:〒742-2301 山口県大島郡周防大島町久賀663−1
電話:0820-72-2170

 

画像
入口から徹底して“ハワイ”です
画像
フラムーン550円とガーリックシュリンプ1380円

 
         
 

お得瀬戸内のハワイの歴史を知る・
「日本ハワイ移民資料館」


明治政府が行ったハワイ州への出稼ぎ制度「官約移民制度」で多くの人が島からハワイに渡りました。
島に戻った人がハワイから持ち帰った生活用品などが陳列されていて、ハワイでの生活に思いを馳せることが出来ます。
中でも目を引くのが着物生地で作ったアロハシャツ。資料館を案内してくれた藤元良哲さんのお話では、島の人々が着ていた着物を再利用してシャツを作ったのがアロハシャツのはじまりではないかといわれているそうです。
島の観光スポットでは色々なアロハシャツが販売されていて楽しそうです。
島では、夏のクールビズはアロハ、役場職員や学校の先生もアロハでした。

問合せ先
「日本ハワイ移民資料館」
住所:〒742-2103 山口県大島郡周防大島町西屋代上片山2144
電話:0820-74-4082

 

画像
プランテーションで着ていた着物から作ったアロハ
画像
色とりどりのアロハシャツ

 
         
 

お得島ならではのグルメ@
“ギャング丼”「アロハオレンジ」

オーナーシェフの野口友希さんが選び抜いた極上の国産牛を使った肉の花びらが咲いたような丼。名付けて“ギャング丼”
週末には3時間待ちの人気だそうです。

問合せ先
「アロハオレンジ」
住所:〒742-2301 山口県大島郡周防大島町久賀7270
電話:0820-72-2860

 

画像
「アロハオレンジ」

画像
“ギャング丼”ハーフ&ハーフLサイズ3,300円

 
         
 

お得伝統漁“カタクチイワシの船曳網漁”

周防大島の離島の一つ「浮島」沖が漁場、ここで獲れるイワシは島の工場で加工される“銀いりこ”という名産品。山口県産の8割が「浮島」で生産されると言います。漁の案内をしていただいた「オイシーフーズ」の新村一成さんはイワシを使った新しい名物づくりにも挑戦していて、今取り組んでいるのが
いりこに向かない大きいイワシで作る“オイルサーディン”
ガーリックチップに粒コショウ、鷹の爪を入れてオリーブオイルで漬け込んだ
“オイルサーディン”に永井さん「うまそう!日本のハワイもやるなぁ」でありました。
「オイシーフーズ」では、ほかにも瀬戸内の海の幸の加工品を数々販売。
オンラインショップで購入も可能です。
https://shop.oisea.com/

問合せ先
「オイシーフーズ」
住所:〒742-2803山口県大島郡周防大島町大字土居 1001-51
電話:0820-73-1113

 

画像
“オイルサーディン”1個800円

 
         
 

お得島ならではのグルメA
“いりこそば”「お侍茶屋 彦右衛門」

いりこを使ったソールフードを見つけました。
「お侍茶屋 彦右衛門」の店長・天河慎也さんが作るのは“いりこ出汁100%の中華そば”「うわぁ〜黄金の出汁」感動の永井さんです。

問合せ先
「お侍茶屋 彦右衛門」
住所:〒742-2803 山口県大島郡周防大島町土居1094−1
電話:0820-73-1511

 

画像
「お侍茶屋 彦右衛門」
画像
いりこそば・680円

 
         
 

お得ハワイのシンボル“ティキ”

ハワイ移民の歴史のシンボルとして、木像“ティキ”を彫る米沢功臣さんは14年ほど前、ハワイの観光土産の“ティキ”を参考に独特の風貌の作品を彫り続けてきたと言います。これまでに制作した“ティキ”は5体。
米沢さんは島の人たちが大好きなフラダンスのフラ連絡協議会の事務局長も務めています。県立の周防大島高校生徒会のフラダンスチームの皆さんのフラダンスも永井さんの楽しい思い出になりました。

 

画像
“ティキ”を彫る米沢さん
画像
こんな作品を島のあちこちで見ることが出来ます。

 
         
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.