画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

雲仙、島原…知っているようで、知らない「へぇ〜こんな見方があるんだ、こんな伝統の職人技があるんだ」を感じながら歩いた眞島秀和さんの島原半島の旅。
農業の将来を見据えた活動を始めている若い農家との出会い・・・
旅に出るからこそ知ることがある、そんなこんなの旅からのお得情報です。

 

 
         
 

お得雲仙の地獄めぐりで喉を潤す炭酸飲料
「温泉(うんぜん)レモネード」

雲仙に外国人が避暑に来始めたころ、噴き上がる硫黄泉の他に炭酸泉も湧いていたそうで、その炭酸泉に砂糖とレモン汁を混ぜた飲料が人気だった、と言います。そして雲仙温泉街で見つけました。酒屋を営む田浦元さんを中心に地元の地域活性化グループが復刻したという「温泉(うんぜん)レモネード」です。(販売元は「雲仙旅館ホテル協同組合」)
そして、番組では紹介出来ませんでしたが、眞島さんは田浦元さんが長崎県から依頼を受けて、メーカーの友枡飲料と組んで開発した「カステラサイダー」という、長崎ならではのネーミングのサイダーもいただきました。
*昨年からのコロナ禍対応の為に販売は限定されています。今年、販売を再開したのは取材をした「ホテル青雲荘」のみです。
他には長崎空港の土産物店となります。

 

画像
「温泉(うんぜん)レモネード」250円
画像
カステラサイダー540円(カステラそっくりの箱に2本入り)

 
         
 

お得 これもまた雲仙名物・湯せんぺい
「雲仙湯せんぺい 遠江屋本舗」


湯せんぺい誕生の逸話が面白かったですね。「島原城に居た殿様がとても温泉好きで、お湯に入って健康になるなら、食べても健康になるのではないか」という事で考え出されたお菓子だそうです。
この湯せんぺいを若い人にも食べてもらえないかと今風な楽しみ方も工夫されています。

問合せ先
「雲仙湯せんぺい 遠江屋本舗」
住所:〒854-0621長崎県雲仙市小浜町雲仙317
電話:0957-73-2155

 

画像
「雲仙湯せんぺい 遠江屋本舗」
画像
耳付き湯せんぺい1枚100円
画像
チーズ、ジャム、はちみつとの組み合わせ
ワインが欲しくなります

 
         
 

お得湧水で作る島原名物・かんざらし「銀水」

「水の都」と呼ばれ、湧水の湧く個所が60もあるという島原の名物が「かんざらし」、地元の人々が日常生活にも水場として使っている「浜の川湧水」の前に「かんざらし」の元祖という「銀水」がありました。
「遠くへ行きたい」でも訪れたことがありますが、平成9年に惜しまれながら閉店。そして、現在の「銀水」は、島原市と「地域おこし協力隊」という市民団体が5年前に観光名所として復活させたものです。

問合せ先
浜の川湧水観光交流館「銀水」
住所:長崎県島原市白土桃山二丁目1093
電話:0957-63-4610

 

画像
「浜の川湧水」の 前にある「銀水」
画像
かんざらし・500円
湧き水で冷やした白玉団子に冷たい蜜、
夏にはもってこいです

 
         
 

お得島原の野菜をブランドに! 
若手農家の挑戦「Bunkou Farms 島原」

自分たちが育った地区の農業をさらに発展させ、後継者も育てようと、代表の平 和徳さんとその仲間たちが集まりました。同じ小学校の分校の卒業生という事でグループの名前は「Bunkou Farms 島原」。
温暖な気候を利用して、北海道の人気トウモロコシ「ホワイトコーン」の早期栽培などの試みをするなど皆さん元気です。眞島さんも元気をもらいました。
購入も出来ます。HPにはこんなコメントが載っています。
《農業が盛んな私たちの生まれた土地、長崎県島原半島の三会地区。先祖代々から受け継いだ農業を次の若い世代に引き継いでいくために、地域の19の農家と「Bunkou Farms 島原」を立ち上げました。1つの農家ではできなかったことを、同じ思いをもつ仲間で実現・発信していきます》

問合せ先
「Bunkou Farms 島原」
https://bunkoufarms.raku-uru.jp/
住所:〒855-0024長崎県島原市広高野町甲957
電話:080-5244-3495

 

画像
ひまわり畑で迷路を作って、
来場者が楽しんだ後は畑の肥料にします

画像
今は夏野菜の盛り、各種の野菜が栽培されています

 
         
 

お得島原藩の一大産業だった和ろうそくの伝統を守る
「本多木蝋工業所」

およそ200年前からろうそく作りが始まり、江戸時代には藩の財政を支えていたそうです。3代目の本多俊一さんは昔ながら製法にこだわり、もう見られなくなった「玉締め式圧搾機」を使って原料のハゼの実を搾っています。

問合せ先
「本多木蝋工業所」
住所:〒859-1413長崎県島原市有明町大三東丙544−3
電話:0957-68-0015

 

画像
本多木蝋工業所
画像
本多さんの作る「和ろうそく」

 
         
         
         
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.