画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

お得 いつの間にか日照時間も長くなって、少〜し暖かい日が増えて、 町を歩くと梅の花の香りが漂います。そんな春をひと足早く 感じられる伊豆半島への虻川美穂子さんの旅、如何でしたでしょうか。 コロナ禍の中、各自の対応をしながらですが、 現地の情報もお確かめの上お出かけください。

 

画像
「春よ、こんにちは〜」爪木崎の虻川さん

 
   
 

お得 黒船遊覧船で下田港巡り「伊豆クルーズ」

こういう歴史にちなんだものに出会うと 同じ遊覧船でもちょっと気分が違いますね。 虻川さんも下田にやって来たペリー提督の 歴史入門という気分でした。
黒船遊覧船・下田港巡り 大人・1,250円、小人・630円


問合せ先
「伊豆クルーズ」
住所:〒415-0015
静岡県下田市外ヶ岡19番地
電話:0558-22-1151

 

画像
「当時の黒船はこんな風だったんだろうな〜」

 
   
 

お得 この季節の伊豆の海の幸タカアシガニ料理
「居酒屋 さんきゅう」


下田市魚市場でキンメダイなどの駿河湾の海の幸を見学、 およそ350mの深海で獲れるタカアシガニ漁の漁師・ 田中舟一さんに揚がったばかりのタカアシガニを見せて貰い、 その大きさにびっくりの虻川さん。駿河湾の魚介類の 料理が自慢の「居酒屋 さんきゅう」で タカアシガニ料理を頂きました。
カニ料理は要予約(時価)


問合せ先
「居酒屋 さんきゅう」
住所:〒415-0022静岡県下田市二丁目4-18
電話:0558-27-0580

 

画像
「居酒屋さんきゅう」
画像
このカニ、大きいだけあって調理も豪快です

 
   
 

お得 元気です!下田の芸者さん
「下田芸妓見番 桝家」


ナマコ壁の続く道、ペリーロードなどの町歩きの 途中で聞こえてきた三味線の音色。コロナ禍の中でも 稽古を怠らない下田芸者の皆さんの踊りの稽古も見ることが出来ました。

問合せ先
「下田芸妓見番 桝家」
住所:〒415-0024
静岡県下田市4-1-21
電話:0558-36-4114


 

画像
ぺリーロードでかっこよく
「はい、ポーズ!」
画像
稽古の後、皆さんと記念撮影

 
   
 

お得 堂ヶ島の洞窟めぐり遊覧船「堂ヶ島マリン」

“伊豆の松島”と言われる西伊豆の景勝地・ 堂ヶ島の魅力を洞窟めぐりの遊覧船で海から楽しめます。 “青の洞くつ”という国指定天然記念物「天窓洞」は見逃せません!
洞くつめぐり遊覧船 大人・1,300円、小人・650円


問合せ先
「堂ヶ島マリン」
住所:〒410-3514
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2060
電話:0558-52-0013

 

画像
国指定天然記念物「天窓洞」

 
   
 

お得 駿河湾の絶景を満喫「堂ヶ島ホテル天遊」

駿河湾を遊覧船で楽しんだ後は、「堂ヶ島ホテル 天遊」 のオーシャンビユーの露天風呂からその絶景を楽しみました。


問合せ先
「堂ヶ島ホテル天游」
住所:〒410-3514
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2962
電話:0558-52-1234

 

画像
「堂ヶ島ホテル 天遊」
画像
日が沈む眺めは更に見事!と言います。
これは次のお楽しみです

 
   
 

お得 西伊豆伝統の本枯節製造「カネサ鰹節商店」

明治15年創業という「カネサ鰹節商店」で5代目の 芹沢安久さんが拘るのは伝統ある製法“手火山式焙乾法”。 燻蒸に使うのは地元の薪、といいます。
他の薪を使うと香りが違うそうです。
昔から商売繁盛や家族繁栄を祈って軒下に吊るす “潮かつお”の風習を守っているのも伝統を感じました。


 

画像
「カネサ鰹節商店」
画像
天日干し、この後も手間をかけて作ります

 
   
 

お得 はさみ一丁の手技・紙切り作家・水口千令さん

以前、病院で働いていた時に、患者さんに何か出来ないかな、 と思って切り絵をプレゼントしていたという紙切り作家 ・水口千令さん。虻川さんも家族の風景を切ってもらいました。 あっという間の出来上りにびっくりでしたね。


 

画像
水口さんの作品が展示されている
「Gallery カルノ造舟」
画像
水口さんの作品・
今にも子供たちが飛び跳ねそうです

 
   
 

お得 里山料理の宿「羅漢」

こだわりの里山料理を楽しめるという宿「羅漢」、 料理に使う食材は地元でとれるものに拘り一日一組限定です。 女将の加藤敦子さんが春の便りの山菜を摘むところに同行しました。 フキノトウ、セリそして今が一番辛味があって美味しいという、 わさび農家井上亘さんの筏場のわさび田で採ったワサビなど を持ち帰って作る料理。
台所はもう春がいっぱいでした。
わさびを美味しくするコツは「笑ってすると美味しくなる」 という耳寄りな話も、ご馳走様でした。


問合せ先
「羅漢」
住所:〒410-2515
静岡県伊豆市地蔵堂299-2
T電話:0558-83-0529

 

画像
「羅漢」
画像
季節の盆「わぁ〜春がいっぱい!」

 
   
  *番組では紹介できませんでしたが、こんなお店でも虻川さんは伊豆の幸を楽しみました
   
 

お得 天日で干した極上キンメ!
「山田ひもの店」

金目鯛のお土産を買うならここ!
金目鯛をはじめアジやイカなど、天日干しでつくられた こだわりの干物を購入できます。
脂がのった駿河湾のキンメの身は、ふっくらジューシー!


問合せ先
「山田ひもの店」
住所:〒415-0022
静岡県下田市2丁目5-17
電話:0558-22-2909

 

画像
「山田ひもの店」
画像
丁寧に天日干しされたキンメの干物

 
   
 

お得 明治時代にタイムトリップ!
レトロな酒屋「土藤商店」

創業、明治20年の酒屋「土藤商店」。
当時の蔵造りが残った店内には、お酒の他にも 厳選されたお土産が置いてあります。
また、併設された無料のギャラリーには、 木製やホーローの看板、一斗瓶や大福帳などが展示され、 昔懐かしいレトロな雰囲気が漂っています。


問合せ先
「土藤商店」
〒415-0023
静岡県下田市3丁目6-30
電話:0558-22-0021

 

画像
歴史を感じさせる蔵造りの店です
画像
買いたいものがいっぱいの店内

 
   
 
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.