画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅

  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

旅人がどういう分野で活躍しているかによって、 視聴者層に少なからず変化があります。今回の横山だいすけさん、 「NHKのおかあさんといっしょ・歌のお兄さん11代目」という事で、 お母さん層の視聴がいつもより多かったようです。
シーンごとに歌もありましたし、明るいキャラクターも楽しかったですね。
そんなこんなの横山さんの旅の情報です。<撮影は10月上旬に行いました>
コロナ禍の中ですので、現地の状況を確認して下さい。


 


   
         
 

お得 支笏湖のカヤックツアー
「オーシャンデイズクリアカヤックツアー」


広〜い支笏湖でのカヤックツアー、底に手が届きそうな 透明度にびっくりの横山さんでした。事前予約で楽しめます。 (2人乗り1人7,000円〜)


問合せ先
「オーシャンデイズ」
住所:〒066-0281
北海道千歳市支笏湖温泉番外地
電話: 080-9325-6507

 

画像
気持ちいい!カヤックで湖散歩
画像
水底の木もこんなにクリアに見えます

 
         
 

お得 海の幸、色々あって目移りします
「海の駅・ぷらっとみなと市場」

何処に行っても市場は楽しいですね。横山さん、 「今が美味しい時期だよ」と「山本水産」で勧められたのが “毛ガニ”そして今が旬の“ホッキ貝”、ホッキを使った 漁師めしが地元の名物になったという“ホッキカレー”を教えて貰いました。
海鮮が自慢の苫小牧漁港傍の「マルトマ食堂」で頂きました。
こちらにはホッキカレー(1200円)の他にもホッキの バター焼き定食(1400円)、マルトマ丼(1500円) ・・・詳しくはHPをご覧ください。

問合せ先
「山本水産」
住所:〒053-0004
北海道苫小牧市港町2丁目2−5
電話:0144-32-3360

「マルトマ食堂」
http://marutoma-shokudo.com/index.html r>

 

画像
「山本水産」
画像
獲ってすぐに茹でるから
旨味があって美味しい!毛ガニ
画像
「マルトマ食堂」
画像
ホッキ貝を3つも使った自慢のカレーです

 
   
 

お得 保護馬を育て、人と馬とが親しめる
「ホースフレンドファーム」


牧場主の秋田政司さん「一生面倒を見る約束で飼う訳だから、 一生のパートナーとして付き合う」と言います。こちらでは 馬に乗って近くの森や川を乗馬散歩も出来ます(外乗)。 横山さん“ジャスミン”(廃業した観光牧場から引き取られました) に乗って北海道の自然を楽しみました。


問合せ先
「ホースフレンドファーム」
住所:〒059-0901
北海道白老郡白老町社台378
電話:0144-82-2750

 

画像
指導を受けてから牧場の外へ
(森林・川コース・6,000円 要予約)
画像
森では野生のエゾシカ、
川では遡上するサケにも出会いました

 
   
 

お得 ヒグマの生態を研究、繁殖、保護している
「のぼりべつクマ牧場」

登別温泉の町からゴンドラに乗って山の上にある、 ヒグマを目の前で見られる貴重な施設です。



問合せ先
「のぼりべつクマ牧場」
住所:059-0551
北海道登別市登別温泉町224
電話:0143-84-2225


 

画像
途中ですれ違ったゴンドラに乗っていたこのサケ、
ヒグマたちの餌になります。
冷たい風に当たって早く乾燥して
美味しいそうですよ
画像
ヒグマをこんな近くで見られるなんて…

 
   
 

お得 ♪いい湯だな 登別温泉「第一滝本館」

地獄谷や大湯沼川の天然足湯を楽しんだ後は「第一滝本館」 で風呂から紅葉を愛で、日本酒コースでさらにリラックス。 口ずさむのはお約束の歌です
♪いい湯だな・・・ここは北国 登別の湯♪



問合せ先
登別温泉「第一滝本館」
住所:〒059-0551
北海道登別市登別温泉町55
電話:0143-84-2111


 

画像
登別温泉「第一滝本館」
画像
う〜ん、気持ちいい!
日本酒・600円

 
   
 

お得 登別名物のチーズを作る工房
「のぼりべつ酪農館」

フランスで修業した三浦学さんの工房のチーズは、ミネラル豊かな 牧草で飼育する牛から搾る牛乳から作るので、 とてもクリーミーで甘味もあるそうです。
チーズの他に工夫を凝らしたチーズ菓子なども人気です。


問合せ先
「のぼりべつ酪農館」
住所:〒059-0461
北海道登別市札内町73−3
電話:0143-85-3184

 

画像
「のぼりべつ酪農館」
画像
自慢のチーズ・ヌプリペッ
(登別の語源)をのせて焼くと
クリーミーさが増すという
ピザが美味しかった!

 
   
 

お得 アイヌ文化を学び、体験できる空間
「ウポポイ(民族共生象徴空間)」

春に予定されていましたが、コロナ禍の為に7月に白老町に開館した施設です。
場内にはアイヌ伝統様式の家屋が再現されていたり、 民族楽器の演奏、儀式の踊りなどのパフォーマンスも行われていて、 「国立アイヌ民族博物館」では生活道具、衣服の展示物や歴史、 言語などの解説も行われ、アイヌ文化を身近に学ぶことが出来ます。


問合せ先
「ウポポイ民族共生象徴空間」
住所:〒059-0902
北海道白老郡白老町若草町2丁目3
電話:0144-82-3914

 

画像
「国立アイヌ民族博物館」
画像
チセ(アイヌ伝統の住居)

 
   
 
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.