画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅

  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

放送の日、所用で南紀白浜に行ってきました。 友人の予約した飛行機は満席、私が乗った紀勢本線も 「本日の指定券は沢山のご予約を頂き、完売です」というアナウンスがありました。
Go-ToTravelキャンペーンの影響だと思いますが、前日の宿も取れず!
やれやれ、の日帰りとなり、せめて虻川さんが訪れた 「アドベンチャーワールド」、「とれとれ市場」ぐらいには行こうと思いましたが、 こちらも人波と車の列が・・・そんな訳で、体験報告は出来ず 放送からのお得情報になります。


 

画像
紀勢本線・白浜行の特急もパンダです

   
         
 

お得 白浜駅に着くとあちこちに
「アドベンチャーワールド」の案内


見どころでも書きましたが、お馴染みの「アドベンチャーワールド」、 パンダの他にも動物と触れ合う施設が色々あります。
旅人によって楽しみは異なるようで、虻川さんが選んだのは ミューへの餌やり体験。外せないパンダの表情も今一度、どうぞ。

<新型コロナウイルスへの対応>
入場制限など施設や店舗の営業状況に変更が発生している場合があります。
公式サイトなどから最新の情報を確認するとともに、 お出かけの際は感染対策にご配慮ください。


問合せ先
「アドベンチャーワールド」
住所:〒649-2201
和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地

 

画像
痛くない!?」
やったぁ!と餌やり体験の虻川さん
画像
パンダの良浜(らうひん)、
お食事中

 
         
 

お得 白浜にはこれからが旬の
“クエ”目当ての人たちがやってきます

先ずは新鮮な魚が並ぶ白浜の海鮮市場「とれとれ市場」で 旬の魚のいろいろを所長の升間主計さんから教えてもらい、 あの“クエ”の話を聞きました。近畿大学の水産研究所でクエの 養殖が出来るようになり、白浜でクエは随分と身近になったそうです。


問合せ先
「とれとれ市場」
住所:〒649-2201
和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521

 

画像
「とれとれ市場」
画像
魚の名前を確認しながら
市場の見学、楽しいですよ〜

 
         
 

お得 クエ鍋を頂きます!「いけす円座」

近大の水産養殖種苗センターの中井彰治さんから“クエタマ” なんていう新しい品種が開発されていることや、“クエ”の勉強をした後、 いよいよ“クエ鍋”
「いけす円座」の料理長岩井俊宏さん「近大さんが頑張ってくれています。 素材がいいので養殖でも僕は自信をもって出しています」
お勧めの「九絵御膳」を頂きました。


問合せ先
「いけす円座」
住所:〒649-2211
西牟婁郡白浜町1821
電話:0739-43-1000

 

画像
近大養殖センターの生け簀で
ひと頑張りの虻川さん「重〜い!」
画像
「いけす円座」 画像
「九絵御膳」松8800円
(2人前から)

 
   
 

お得 紀州漆器の工芸品「池庄漆器店」

みかん神社(橘本神社)のある海南市は手仕事の町でもあります。 古い町並みの残る「黒江地区」でみかんを使った紀州漆器の作品を見つけました。 見どころで謎にしたものの答えは、みかんの皮を乾燥させて、漆を塗り重ねて作った“みかん盃”


問合せ先
「池庄漆器店」
住所:〒649-0011海南市黒江692
電話::073-482-0125

 

画像
「池庄漆器店」
画像
“みかん盃”

 
   
 

お得 海南市の特産品の棕櫚で作る“たわし”
「燗c耕造商店」

棕櫚の皮から取るやわらかい繊維を利用して作る棕櫚製品の数々を 燗c 大輔さんに見せて頂きました。たわしの工程も謎解きのようでした。
手間をかけて作るので長持ちして一生モノですよ、と高田さんでした。



問合せ先
「燗c耕造商店」
住所:〒640-1173海南市椋木97-2
電話:073-487-1264


 

画像
「燗c耕造商店」
画像
虻川さんもお土産にしました

 
   
 

お得 熊野古道歩き

中辺路入口の売店「古道の杜あんちゃん」で必需品の“杖”を買いました。
木田豪さん、雨を嘆く虻川さんに「思い出になるけどね  こんな時に歩くのはな」と雨の旅の心得を教えてくれました。 明るくて木田さんお冗談も楽しいひと時でした



問合せ先
「古道の杜 あんちゃん」
住所:〒646-1421
田辺市中辺路町栗栖川1226-2
電話:0739-64-0929


 

画像
「俺が自分で作ってんで、あぶって磨くんや」
という木田さんの“杖”

 
   
 

お得 中辺路の伏拝茶屋でひと休み、
弁当は「温泉民宿・大村屋」の特別出前

温泉コーヒーが名物の伏拝茶屋で一緒になったご夫婦と 「雨もいい思い出になりますね」和やかなひと時、会話を楽しみました。 熊野古道で温泉民宿を営む大村屋さんが、予約をしておくと 郷土の味が詰まった「熊野古道弁当」を届けてくれるので古道歩きの人たちに人気です。



問合せ先
熊野古道弁当
「温泉民宿 大村屋」
住所:〒647-1717
田辺市本宮町川湯1406-1
電話:0735-42-1066


 

画像
茶屋の“温泉コーヒー”の
看板が旅人を誘います
画像
熊野古道弁当・1100円

 
   
 

お得 立木染“森の宝石”
「立木染職人・吉水栄樹さんの工房」

木材にならない立ち木を再利用して、その木を染めるという 染色方法で、素晴らしい作品を作る吉水の仕事に虻川さん、驚嘆です。 熊野古道歩きの記念にどうぞ、とてもきれいな工芸品です。 放送を見損なった方へ写真をお届けします。



問合せ先
木のアクセサリー
立木染・吉水 栄樹さん
住所:〒647-1723
田辺市本宮町皆地640
電話:090-2709-7231


 

画像
これが木工品とはとても思えません
画像
光を反射して輝いて魅力いっぱいです

 
   
 
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.