画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

虻川美穂子さんが久しぶりに近場の小田原、箱根を旅しました。近隣の皆さんも近いというか、いつでも行けるという事で出掛ける機会がない土地かもしれません。虻川さんも、今回改めて旅してみて意外な発見や体験が出来ました。
「見どころ」でお伝えした「足柄修験の会」の皆さんの指導で南足柄市の「夕日の滝」で“滝行”を体験したり、小田原城では「北條手作り甲冑隊」の皆さんに立派な甲冑、鉄砲を見せて頂き、その出来栄えに虻川さん、驚きの連続でした。そして、その材料が「段ボール」というのに更にさらにビックリでした・・・そんなこんなの日本を体験した後、小田原、箱根の旅に出ました。お出かけの際の情報としてお役立てください。
なお、新型コロナ対応の為、現地の最新の情報をお確かめてお出かけ下さい。

 



 
         
 

お得 相模湾の新鮮な魚介類が集まる「小田原さかなセンター」

小田原漁港に揚がる相模湾の新鮮な魚を求めて、地元の方や観光客が集まります。
小田原さかなセンターにある中央食品鮮魚店の椎野さんにここでしか食べられない生シラス、見事なアジなどの美味しさの秘密を教えてもらった後、 「お食事処 かいが」で生シラス、アジの刺身などののった“地魚丼”、もう美味しくて言葉もありません。 この新鮮な魚を事前に注文を受けてドライブスルーで販売する「漁場Eats」にも立ち寄りたいですね。


問合せ先
「小田原さかなセンター」
住所:〒250-0021 小田原市早川1-6-1
電話:0465-23-1077

「漁場Eats」
住所:〒250-0031小田原市入生田165
電話:0465-23-5637


 

画像
小田原さかなセンター

画像
生シラス、アジなどの魚がいっぱいの
“地魚丼”1,980円

画像
漁場Eats・コロナ禍の中の知恵
ドライブスルー販売
「事前に頼んでおけばいいので、
とても便利」と好評のようです

 
         
 

お得 新鮮な果物がそのままかき氷に
「小田原ひととせの雪」


「あっと驚く」かき氷でしたね。魚などを冷凍する会社がその技術を応用して作りだした完熟果物の急速冷凍。 虻川さんが食べたイチゴかき氷、イチゴの他にもシャインマスカットなど色々な果物があって楽しいです。

問合せ先
「小田原ひととせの雪」
住所:〒250-0021
小田原市早川1丁目5−7
電話:0465-22-0141


 

画像
行列のできるかき氷店
「小田原ひととせの雪」

画像
虻川さん「口の中でイチゴになる〜」
Mサイズ800円

 
         
 

お得 のどの病いの祈願所「佐奈田霊社」

源頼朝の家臣佐奈田与一を祀る霊社。合戦の時に痰がのどに絡まって助けを呼べず討ち死にしたという佐奈田与一の故事に習って出来たのど飴だそうです。
木遣を歌う「川崎古式消防記念会」の皆さんもお祓いを受けに来ていました。

問合せ先
「佐奈田霊社」
住所:〒250-0022 小田原市石橋420
電話:0465-22-8557

 

画像
佐奈田霊社

画像
佐奈田飴

 
         
 

お得 箱根湯本の日帰り温泉
「天山湯治郷・かよい湯治一休」


箱根の知る人ぞ知る日帰り温泉、周囲の木立の緑がまぶしい露天風呂が人気です。
入館料:大人・1,100円、子ども・650円


問合せ先
「天山湯治郷・かよい湯治一休」
住所:〒250-0312
足柄下郡箱根町湯本茶屋208
電話:0460-86-4126

 

画像
「天山湯治郷・かよい湯治一休」

画像
アルカリ性単純温泉、冷え性に効果、
美肌の湯と言われています

 
   
 

お得 大涌谷の名物“黒たまご”「奥箱根観光」

お馴染みの大涌谷の“黒たまご”。生卵の箱がケーブルで運ばれ、黒たまごになって戻ってきます。 「たまご池」という所に浸けると、殻に鉄分が付着し、硫化水素が反応して黒くなるそうです。 「大涌谷延命地蔵尊」のご利益で、1つ食べると7年寿命が延びると言われています。 こういうエピソードを聞くと、更に美味しさが増しますね。

問合せ先
“黒たまご”「奥箱根観光」
住所:〒250-0631
足柄下郡箱根町仙石原1251
電話:0460-84-9605

 

画像
黒たまご・5個500円(塩付き)

 
   
 

お得 石畳の残る箱根旧街道の「箱根 甘酒茶屋」

江戸時代初期創業、茅葺き屋根の美しい 甘酒茶屋で名物の甘酒を頂きました。
夏の冷し甘酒も格別でした。


問合せ先
「箱根 甘酒茶屋」 住所:〒250-0314
足柄下郡箱根町畑宿二子山395-1
電話:0460-83-6418

 

画像 甘酒・400円、
他に黒ゴマきなこもち・500円も人気です

画像
十三代目の山本聡さんが
甘酒作りを見せてくれました

 
   
 

お得 旧街道の伝統工芸・箱根寄木細工
「浜松屋」「金指ウッドクラフト」


寄木細工の幾何学模様、どうやって作るのか疑問だった虻川さん、材料になる木々そのものにいろんな種類の色がある、と聞いて納得です。箱根は麓から山頂まで標高差およそ1000メートル、そこに育つ樹木には各種の色があるんだそうです。
それらの木を組み合わせて作るので、削っても同じ模様が出来る、という次第です。

問合せ先
「浜松屋」
住所:〒250-0314
足柄下郡箱根町畑宿227
電話:0460-85-7044

「金指ウッドクラフト」
住所:〒250-0314
足柄下郡箱根町畑宿135
電話:0460-85-8477

 

画像 色の異なる木を組み合わせいくと、
様々な幾何学模様が出来上がります
画像
出来上がった寄木を薄く削ったものを、
板に貼り付け、
加工して箱物に仕上げます(「浜松屋」)

画像
薄く削らずに束ねた寄木から彫り出すと
こんなコップになります
(金指ウッドクラフト)

 
   
 

お得 富士山を望むという絶景日帰り温泉「龍宮殿本館」

虻川美穂子の夏本番リフレッシュ旅の仕上げは、芦ノ湖を見下ろし、その向こうに富士山が見えるという「龍宮殿本館」の露天風呂です。
残念ながらこの日は雨模様、霧の向こうに芦ノ湖、富士山を想像しての入浴でしたが「やっぱり旅先の温泉っていいわねぇ」と虻川さん大満足でした。

問合せ先
「龍宮殿本館」
住所:〒250-0522
足柄下郡箱根町元箱根139
電話:0460-83-1151

 

画像
「龍宮殿本館」
この建物も一度は訪れてみたい風格です

画像
日帰り温泉・
カルシュウム・ナトリウム硫酸塩温泉

 
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.