画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

大東駿介さんの初旅、北海道・道南めぐり。観光客人気の市場や教会、地元の人たち自慢の隠れスポット“函館裏夜景”を、と思っていたら突然の天候異変!
そして、アイヌ文化に触れたいと訪ねた白老での伝統楽器、食文化を教えて頂いていつもとはちょっと違った旅気分、いかがでしたか。
そんなこんなの中から、お得情報です。

 

画像
突然フロントガラスがホワイトアウト!車を降りて、
大東さん決死のレポート!画面から感じて頂けましたでしょうか
「寒い」の最大級は「怖い」なんですね!!の一言でした。

 
         
 

お得海の幸をたらふく「はこだて自由市場」・「丸み佐藤商店」

地元の人たちが新鮮な魚を買う市場のなか、大東さんが立寄った「丸み佐藤商店」では自分の好きな魚をアレンジして“マイ丼”を作らせてもらえます。
目に付いた美味しそうなものを盛るのでなく「予算1500円」と言う縛りをつけて二重の楽しみでした。

お問合せ先
「丸み佐藤商店」
住所:〒040-0032 函館市新川町1-2
電話:0138-26-7200

 

画像
はこだて自由市場・「美味しいよ〜」声が飛びます
画像
おまけもして頂いて、1500円!大東駿介“俺の丼”

 
         
 

お得函館名物・イカはイカでも“いかようかん”
「はこだて柳屋」


「名産のイカで名物を作ろう」と「はこだて柳屋」のアイディア。
TVでは初めてだよ〜と言って特別に大東さんも作らせてもらいましたが見た目ほど易しくないのは、想像通りでしたね。

お問合せ先
「はこだて柳屋」
住所:〒040-0075函館市万代町3-13
電話:0138-42-0989

 

画像
「はこだて柳屋」自慢の“いかようかん”
全国菓子大博覧会などで
数々の賞を受けているそうです。

画像
おもては羊羹、中はコーヒー味の餡に求肥、
2日かけて作る全てが手作業!
1日限定50個イカようかん

 
         
 

お得函館ならではの異国情緒・
雑貨屋さん「チャイカ」


MoomooTAXIの運転手さんに案内してもらったのがロシアや東欧の雑貨直輸入店「チャイカ」

お問合せ先
「ロシア・東欧雑貨直輸入店 チャイカ 」
住所:〒040-0054函館市元町7番7号
電話: 0138-87-2098

 

画像
「チャイカ」
画像
人形・マトリョーシカやチョコレート・アリョンカちゃん
女性に人気の雑貨が並びます


 
         
 

お得大学の施設で肉牛飼育
「北里大学獣医学部八雲牧場」

大東さんが「牛舎特有の匂いがしない!」と驚いた牧場。
北里大学八雲牧場は一切の化学肥料、農薬を使用せず完全に有機的管理された自給飼料100%の粗飼料だけで牛を飼養し、究極の赤身牛肉生産を実践している牧場です。有機畜産物JAS認証も取得し国内唯一、有機牛肉を生産しています。
此処で生産される有機牛肉の購入は、北里大学八雲牧場のページをごらんください。

お問合せ先
「北里大学獣医学部八雲牧場」所在地
住所:〒049-3121北海道二海郡八雲町上八雲751
電話:0137-63-4362
公式サイト:北里大学八雲牧場

 

画像
牛たちはこの美味しい飼料を食べて育ちます
画像
こちらの牛たち、穏やかな顔をしています

 
         
 

お得登別温泉とクマ牧場「のぼりべつクマ牧場」

登別の見どころ地獄谷の後は、やっぱり温泉。ちょっと趣向を変えて訪ねたのは見どころで紹介した天然の足湯「大湯沼川天然足湯」、川の流れがそのまま温泉です。ホッコリ温まって、評判の「クマ牧場」へ。温泉街の中心にあるロープウエイ山麓駅から約7分の山頂にあります。
牧場では日本最大の陸上動物と言われるエゾヒグマが沢山飼育されています。熊の生態が少しでも長く見られるように餌やりなどに工夫がされていて、間近でヒグマを見ることが出来ます。


お問合せ先
「のぼりべつクマ牧場」
住所:〒059-0551登別市登別温泉町224
電話:0143-84-2225

 

画像
のぼりべつクマ牧場 
入園料・大人2650円、小人1350円(ロープウエイ運賃込)
 ヒグマ博物館、アイヌ文化を知る「ユーカラの里」など併設

 
         
  *番組では紹介できませんでしたが大東さんが訪ねたところを、
今回は内山ディレクターのコメントで紹介します。
     
         
 

お得噴火湾産の国産たらこ「丸鮮道場水産」

<日本のタラコの9割は輸入モノって ご存知でしたか?  
つまり、我々はほぼ、国産のタラコの味は知らないのが現状でした。
噴火湾に面した鹿部町は国産スケトウダラの産地。こちらで、「本場の国産タラコ」の味を堪能!!今回、残念ながら時化が続いたので、獲れたてのタラコが見られず残念でしたが、ぜひ チャンスを見て 再訪したいです>

お問合せ先
「丸鮮道場水産」
住所:〒041-1403北海道茅部郡鹿部町字宮浜194−2
電話: 01372-7-2523

 

画像
国産たらこの「道場水産」
画像
とろりと卵感があって塩味も控えめ、まさに濃厚な深みに
大東さんも "全然違う!"と驚嘆

 
         
 

お得木彫り熊を知る「木彫り熊資料館」

<北海道土産…といえば “木彫りの熊”をイメージされた方…あなたは60歳以上ですね…。
そう! シャケをくわえた熊の置物、「何故、どこの家にもあって、アレが北海道土産だったのか…?」
その 秘密、ルーツこそ八雲町にあった!!
こちらの「木彫り熊資料館」には、何百もの、歴史的にスゴい熊たちが大集合。「これが第一号の熊?!」と驚きの連続。日本最強の木彫り熊専門家の学芸員大谷さんのタイミングがあえば丁寧に、謎のすべてを教えてくれます。
話を聞くと俄然 木彫り熊の見方、楽しみ方 価値観が変わり
「ちょっと欲しいかも…」な気分に>

お問合せ先
「木彫り熊資料館」
住所:〒049-3112 北海道二海郡八雲町末広町154番地
電話: 0137-63-3131

 

画像
こんな碑もちゃんとあります
画像
八雲町木彫り熊資料館・入館料無料 要問合せ・開館日、時間
画像
サケをくわえた熊、懐かしい感じがしますね

 
         
 

お得アイヌの文化「体験工房・コロボックル」

今回 大東さんが4月に開館を迎えるために準備中の「ウポポイ 民族共生象徴空間」のスタッフの皆さんから教えて頂いてアイヌの生活に触れ合ったように、現在、白老で一般にアイヌの文化やアクティビティの体験が出来るのが「体験工房 コロボックル」です。
見どころで紹介したアイヌの伝統料理・鮭のチタタプなどを作ったり、子守唄を唄って頂いた相木さんにもこちらでお世話になりました
珍しいアイヌのアイテムや 楽器ムックリや木彫り体験もできるそうです!! 屋外の食事なども受け入れていますので、体験から食事までトータルでご相談に応じて貰えます。
詳しくは白老観光協会のHPからコロボックルを検索してください。

お問合せ先
「体験工房・コロボックル」
住所:北海道白老町東町2丁目5番5号
電話::0144-82-2366
公式サイト:白老観光協会

 




 
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.