画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

新型コロナ対応の為、長らくロケに出掛けることが出来ませんでした。 6月下旬、全国への往来自粛要請が解除されましたが、未だしかるべく対応をしながらという事で東京の旅の始まりです。 今回は釣りなどの海遊びが大好きという、つるの剛士さんが東京湾の水辺を巡ることにしました。水の都・東京の意外な発見の連続でした。 つるのさんならではの目線の旅、ご一緒にどうぞ。




 
         
 

電車の駅から見えるビルでサーフィン!?

JR大井町駅近くのビルの総合スポーツ施設の中に、海がある!?スポットです。誰でも気軽にサーフィンが出来ると聞いて、腕に覚えあるつるのさん、早速挑戦です。楽しそうですよ。

 

画像
通勤電車のホームから見えるサーフィン!
画像
都心で波乗り、最高です!

 
         
 

下町の川をカヌーで行く

かつての江戸は江戸城を中心に流れる水路や河川を使って年貢米や物資を運ぶ船が行き交っていました。そして現代、水路をカヌーで巡るツアーがありました。 水辺には水鳥が居たりアジサイなどが咲き、自然とも触れ合うことが出来、陸上からとは違う目線で楽しめます。

  画像
スカイツリーに向かって一直線、
スカイツリーベストアングルです
 
         
 

ベイエリアの新名物の水上タクシー

2020年の大イベントを見込んで新たな水上交通として始められたウォータータクシー。東日本大震災を機に防災用の船着き場が30ヶ所以上も整備され、船の駅にもなっています。
JR田町駅のすぐ傍にも船の駅があったりして好きなところから好き処へ水路を巡りながら目的地へ行けるというなんとも楽しいウォータータクシーです。チャーターも出来ますので運河沿いにあるお店に立ち寄ったり、東京湾に出ればレインボーブリッジをくぐったり、カワウの繁殖地になっているお台場めぐりも出来たりと、なかなか、新しい水上ツアーを楽しめます。タクシーで巡った店舗などは次週のお得情報でお知らせします。

  画像
ウォータータクシーの乗り場(天王洲ピア)
画像
芝浦運河沿いのキッチンカーの
イタリアンを楽しんだり・・・
画像
豊海水産埠頭で
絶品のマグロ丼が食べられる
テラスレストランに立ち寄ったり・・・
 
         
 

東京湾、遊漁船でタコ釣り!

江東区東砂の船宿から千葉県沖へ、今が最盛期というタコ釣りに出掛けます。
この時期小ぶりが多いんだそうですが、時には大物も・・・
乗合船に乗って沖へ出て水深8メートルの底に糸を垂らします。
果たして釣果は?
釣りたてをその場で食べると、江戸前のタコは美味、天然の塩味。
元気です、口の中で吸い付きます。

 

画像
釣れた!でかい!

 
         
 

屋形船の名物!デカ盛り天丼

タコ釣りから戻ると「これは是非物よ」と勧められたのが、屋形船の主人が揚げる絶品の天丼。江戸前の魚を注文を受けてから揚げてくれるので、美味しいことこの上なし!

  画像
特注天丼
 
         
 

珍しい伝統漁由来の「すだて遊び」

江戸前の魚を堪能した後に、面白い漁があると聞いて向かったのが対岸の千葉県木更津の金田漁港沖の干潟・盤洲干潟。観光客に人気なのは“すだて遊び”という昔の定置網漁が由来の漁。遠浅の干潟で潮が引いた時に仕掛けの“すだて”に入る魚を獲ります。どんなものかは放送でご覧ください。
獲った魚を料理してくれるのも人気です。

  画像
期待いっぱいの乗船です
画像
こんな仕掛けです
 
         
 
         
 

旅の終わりに

今回のつるの剛士さんの水辺の旅。雨の日、晴れの日とありましたが、天候を気にすることなく楽しめた水路探検や東京湾めぐりでありました。
いつもですと、町歩きの中からそれぞれのポイントに行くのですが、今回は3密を避けてソーシャルディスタンスを保ちながら、水辺からの目線というポイントを探しての旅でした。
こんな環境の中での旅は意外な発見につながったようで、「旅って色々な見方で出来るんだ」というのを実感しましたが皆さんは如何でしょうか?

 
 
         

次回、2518回は虻川美穂子さんが小田原、箱根を旅します。
コロナのモヤモヤを吹き飛ばす!滝行に挑戦、小田原城で戦国武将さながらの甲冑隊に遭遇、なんとその甲冑がダンボール!
「なんでぇ?」と虻川さん。
小田原漁港で相模湾の海の幸を堪能、話題の魚場Eatsとは?正統派グルメの後は、これも「なんでぇ?」の果実まるごと、水を使わないかき氷!?そして今一度の願掛け、創建が平安時代の佐奈田霊社で疫病退散!コロナ払いの飴を頂いて深緑の温泉郷・天山湯治郷へ。 
箱根路へ…大涌谷 空飛ぶ黒たまごのヒミツ、箱根旧街道の甘酒茶屋。箱根と言えば寄木細工、あの幾何学模様のルーツに迫る・・・
虻川美穂子さんが初めてゆっくり歩いた箱根路への旅、皆さんもご一緒にどうぞ。




         




         

Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.