画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ  過去放送分のみどころとお得情報はこちら

 
         
 

今回は、初めてとなる和田正人さんの旅です。宮城県の松島から名取市を経て、仙台市までをめぐります。宮城といえば、ご存知「独眼竜」で知られる伊達政宗の存在が色濃く残っている土地。そんな宮城で、極上の逸品、先輩との久しぶりの再会、伊達政宗が愛した温泉など、伊達な出会い旅に出発したいと思います。

 

画像
和田正人さんの宮城県の旅です!

 
         
 

日本三景・松島で熱気球体験!

松島のシンボル、五大堂に参拝した和田さん、今回、宮城でまずしたかったことがあるんです。それが、日本三景の一つとして数えられる松島での熱気球体験です。松島熱気球体験の山谷武繁さんにお話を伺い、いざ!テイクオフ。松島の絶景をひとり占めです。

 

画像
山谷さん(写真右)と和田さん。
画像
松島の絶景を空から眺めます。

 
         
 

旨みたっぷり!松島名物のカキ

松島に来たら外せないのが、名物のカキです。磯崎漁業組合・組合長、赤間庄三さんの船に乗って、カキの水揚げを見せてもらいます。松島湾は、島が多く複雑な海岸線のためプランクトンが豊富で、1年ほどで旨みの強いカキが育つそうです。そんな松島のカキを、浜で焼きガキに!さらには、カキの出汁たっぷりのカキご飯まで。存分に松島名物を堪能します。

 

画像
赤間さん(写真左)と和田さん。
画像
松島名物のカキを焼きで!いただきます。

         
 

竹一本!松島伝統の追い込み漁

もうひとつ、松島には面白い伝統漁があると聞き、漁師の櫻井保さんを訪ねます。使うのは竹ざお一本!これでひたすら海面を叩き驚いて逃げた魚を追い立てるという漁が、松島伝統の追い込み漁です。狙うは、今が旬で美味しいという寒ボラ。懸命に叩いた成果は!?寒ボラの予想以上の大きさとその美味しさ、和田さんも思わずびっくりな一部始終をお見逃しなく。

 

画像
(写真右から)櫻井さんと和田さん、長男の統也さん。
画像
写真におさまりきっていない長い竹を使って、魚を追い込みます。

   
         
 

駅伝名門高校の監督との再会!

仙台に来たらどうしても会いたい人がいるという和田さん。それは、真名子圭さんで、全国高校駅伝の強豪校として知られる、仙台育英高校・男子陸上競技部の監督をしています。箱根駅伝2回出場経験を持つ和田さんが、ひとつ上の先輩で、大学は違えど、ともに箱根駅伝で競い合い、将来の夢なども語り合ったのが真名子さんです。約20年ぶりの再会と、和田さんの400m疾走!じっくりご覧ください。

 

画像
真名子さん(写真右)と和田さん。
画像
箱根駅伝に2回出場経験のある和田さん。走りで魅せます。

 
         
 

根っこが美味!伝統野菜の仙台せり

伊達政宗が築いた城下町、仙台。ここには、春の七草のひとつに数えられ、伊達政宗の頃から食べられていた伝統野菜があります。それが、名取市の特産野菜、仙台せりです。仙台せり農家の今野幹男さんからお話を伺い、仙台せりの収穫にも挑戦します。このせり、実は根っこが美味!ということで、漁亭 浜やの坪井裕太さんにお話を伺いながら、極上の仙台せり鍋に舌鼓です。




  画像
今野さん(写真右)と和田さん。仙台せりの収穫体験です。
画像
坪井さん(写真左)と和田さん。極上せり鍋をいただきます。
 
         
 

仙台伝統の舞!川前鹿踊(ししおどり)

仙台には、江戸時代中期より仙台藩のもとで伝承されてきた民俗芸能、鹿踊と剣舞が数多くあります。そのひとつが、川前鹿踊です。川前鹿踊・剣舞保存会の庄子佳明さんにお話を伺います。九曜紋の入った白・黄・紫・赤・青の五行色横縞の絹幕をたらし、腰につけた一尺の太鼓を打ち鳴らしながら舞う、川前鹿踊。まずは踊りを見せていただき、その後は、装束を身にまとい川前鹿踊に挑戦です。

  画像
床子さん(写真右)と和田さん。
画像
川前鹿踊の一幕です。
画像
和田さんも川前鹿踊に挑戦します。
 
         
 

伊達政宗も愛した秋保温泉!(秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘)

宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯のひとつとして数えられるのが、秋保温泉。伊達政宗も愛した名湯です。秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘を訪ね、名取川を見下ろす絶景風呂、河原の湯に浸かります。保温・保湿効果も高く女性からも人気のお風呂。旅の疲れだけではなく、新たなエネルギーもチャージです。

  画像
絶景温泉、河原の湯に浸かります。
 
         
 

自然への感謝の気持ちを忘れず、困難があってもくじけない芯の強さ。それは、伊達政宗の時代から培われていったのではないか。そんな、時代が変わっても変わらないものがたくさんあると感じた旅です。是非、ご覧下さい!


 
 
         

次回、25553回は田中要次さんの群馬県下仁田〜富岡〜上野村への春の里山巡りです。

下仁田
・日本三大奇景と言われる妙義山で「大パノラマワイルドビュー」
・下仁田と言えば、下仁田ネギ。春しか食べられない ネギのつぼみ、珍味の“ギボ”とは?
・下仁田ネギの料理満喫!蕾の天ぷら、絶品!下仁田ネギのすき焼き

富岡
・地元の食文化や伝統を知ることが出来る「おかって市場」、県内の話題の
商品が並ぶ月一マルシェってどんな所? 
・富岡に移住した木工職人が手作りするマグカップならぬ「モグカップとは?」

上野村
・昔、関所があったという白井地区で村のお年寄りたちが運営する観光客を
もてなしたり、地元住民の憩いの場でもある「白井宿」頂く郷土料理
・森の達人による「森のスイーツ」メープルシロップ採取 
・民宿のご主人とズーコン釣り 「ズーコン釣りとは!?」
・上野村ならではの贅沢なひと時、「こたつから見る満点の星空」


春の上州、里山の暮らしを訪ねる田中要次さんの旅、
どうぞお楽しみに!




         




         

Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.