画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに


今回は初登場の友近さんが山口県下関・長門・山口・湯田温泉を歩きます。
舞台や映画の方は、その素顔を見たり感じたりすることは滅多にできないのですが、 「遠くへ行きたい」の場合、ディレクターは旅人に仕事漬けの日常を忘れて 旅をしている2泊3日を如何に楽しんでもらうか、という事に知恵を絞ります。
友近さんとの旅先の打ち合わせ「電車が大好き、山口県に行くならこの列車に乗りたい、 温泉もいいな、そしてここにはぜひ行きたい・・・」これをベースにどんな旅に仕立てるか、 松田ディレクターがセットしたのは・・・という見どころです。自分の興味のある 場所や地元の人々との会話の中の何気ないコメントにテレビや舞台での仕事の時 とは異なる友近さんの素顔が見えたりします。
ナレーションも自分ですから自ずと思い出がこもります。視聴者の皆さんも友近さんと 一緒に旅を楽しんでいただければと思います。


 

 
         
 

下関の台所・唐戸市場の名物は・・・


下関というと冬の味は「フグ」という事になりますが最近の自慢名物は 「そうじゃなくて、実はコレなんですよ」と見せられたのは、さて何だと思いますか? 放送で見て頂くとして唐戸市場には、週末になると「活きいき馬関街」 という屋台が並び新鮮な握り寿司やお惣菜を頂けます。
友近さん、お好みを選んで関門海峡の風景を見ながら、腹ごしらえ、 そして山口の旅、出発進行!
隠れた名物は改めてお得情報でお知らせします。

 

画像
唐戸市場 画像
あれもこれもみんな美味しそうです

 
         
 

誰もが一度行ってみたい「元乃隅神社」
そして絶景の「角島大橋」


友近さんが行ってみたかったパワースポット、日本海に向かって赤い鳥居が 連なる「元乃隅神社」と日本一美しい橋と言われる「角島大橋」。
少し不便なところにあるのですが、行ってみれば「来てよかった!」 ということ間違いなしです。写真もお見せしますが、その感動は画面でお確かめください。 神社は現在、参拝を行っていません。コロナ禍の中の対応をお確かめの上、 お出かけください。

 

画像
赤の鳥居と日本海の
コントラストの見事さに感動します
画像
角島大橋バックに思わずVサイン

         
 

元乃隅名物「大いなり寿司」

神社の横の茶店には地元のお母さんたちが持ち込んでくれた野菜や味噌で作る 豚汁や巨大ないなり寿司が名物の店がありました。
どうしてこんなに大きないなり寿司が出来たのでしょう?
どんなものかはこれも番組で・・・

 

画像
店の前にはこんな看板が出ています

   
         
 

露天風呂からも絶景が

絶景の後は、海が独り占めできる露天風呂のあるホテルへ。
こちらのお風呂は美肌湯として知られていて、温泉総選挙で一位に選ばれた こともあるそうです。

 

画像
友近さん、おもわず「これですよ、やっぱり旅は」

 
         
 

“西の京”山口のシンボル「瑠璃光寺」


歴史と文化が香る山口市のシンボル「瑠璃光寺」の五重塔。
室町時代、西国一の守護大名であった大内氏が京の都に憧れ、 町造りをしたことから“西の京”と呼ばれました。



  画像
国宝で、大内文化の最高傑作と言われています
 
         
 

山口の伝統工芸・大内塗の大内人形


京の都から漆職人を呼び寄せて作らせたという大内塗。そして生まれたのが 「大内人形」と呼ばれるひな人形で山口の伝統工芸になっています。

  画像
人形の絵付け作業
 
         
 

山口の銘菓「外郎(ういろう)」


開店と同時に店へ来て、できたてを食べるのが一番の贅沢と皆さんがやってきます。 わらびの根からとる本わらび粉とこし餡を混ぜて練りあげて作る外郎、これも伝統の味です。

  画像
出来上がったものを切り分けて・・・
 
         
 

犬が住職?ユニークなお寺「洞春寺」


お経をあげている時の、マルという白い犬の可愛らしい仕草をご覧ください。
寺のマスコット犬として子供たちにも大人気なんだそうです。
これは写真もなしです。可愛いですから放送をご覧ください。

  画像
「洞春寺」
 
         
 

足湯につかっていると目の前に列車が・・・


JR山口線の湯田温泉駅、さすが温泉が名物、目の前を列車が通過します。 鉄道大好きの友近さんもしっかりシャッターを押しました。 旅に出る時にはカメラを持つという友近さん、番組の中にも友近カットが登場します。

  画像
鉄道ファンには堪りません!
 
         
 

湯田温泉名物のユニークな「女将劇場」


友近さんがこの旅で是非とも見たかった「女将劇場」
旅館の女将が客を呼び込むために立ち上げた劇団、56年続けています。
約一時間のショー、お客を喜ばせようと体を張って頑張る女将の姿に友近さんも感動です。
終演後、自慢の温泉でおかみさんとの会話がまたひと味です。

  画像
パフォーマンスの一つ・水芸です
 
         
 

旅の終わりに

番組の締めのコメント「山口の穴場を友近流にめぐった旅、たくさんの出会いや発見に感謝です」 番組をご覧の皆さんにも感じて頂ければと思います。



 
 
         

次回、2547回は室井滋さんが大分県別府〜国東〜宇佐を旅します。
・温泉のデパート、別府で地獄めぐり、鉱泥浴場・・・
・湯の町を盛り上げる流しのコンビとの出会い
・鉄輪温泉で地獄蒸しのユニークな薬膳料理
・猫大好きの室井さん、全国看板猫ランキング入賞の猫のいる旅館へ
・国東半島の海の幸・牡蠣、森の幸・どんこしいたけ
・話題のパワースポット八幡宮の総本社の宇佐神宮
・日本初の「農泊」での農作業、郷土料理体験
・・・
室井滋さんが“おんせん県”を巡ります。
どうぞお楽しみに!




         




         

Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.