画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに


虻川美穂子さん、久しぶりの旅は静岡県の伊豆半島へ。 駿河湾の海の幸、春を先取りの水仙、フキノトウなど、 暖かな日差しの下での旅となりました。
虻川さんの口をつくコメントにいつも感心します。 いわゆる食レポは勿論ですが、出会った人々との会話の 楽しさなどが旅に厚みを加えているような気がします。 この辺りも見どころ(聞きどころ)としてお楽しみに! という<見どころ>です。 



 

画像
伊豆半島の春は爪木崎の水仙の便りから

 
         
 

下田と言えば“ペリー提督の黒船”


下田港巡りの名物は黒船遊覧船。海を渡る春風が心地 よいです。

 

画像
ペリーさんたちはこんな風景を見ながらやって 来たのでしょうか

 
         
 

下田漁港に揚がる駿河湾の幸

代表選手はキンメダイですが、12月〜2月までの漁期で 見逃せないのが「タカアシガニ」、深海350mで獲れる 巨大なカニ。シーズンには獲りたてを蒸して食べること が出来て、堪りません!

 

画像
まるでチャンピオンベルト、
巨大さが分かりますね
画像
蒸したてをカニみそで・・・

         
 

ナマコ壁の町歩き、聞こえてきたのは・・・

ペリー一行が歩いたというペリーロード沿いには ナマコ壁の蔵や時代を感じさせる商家などが、 歴史散歩にはもってこいです。無料休憩所になっている 旧澤村邸から聞こえてきたのは下田芸者の皆さんの お稽古の三味の音。

 

画像
コロナ禍に負けず稽古に励む皆さんの心意気です
画像
御座敷遊びも教えてもらいました

   
         
 

西伊豆の景勝地は伊豆の松島“堂ヶ島”

奇岩洞窟めぐりの遊覧船で洞窟探検、宿からは 駿河湾の絶景を丸ごと見渡す露天風呂、食事は勿論海の幸。

 

画像
“青の洞くつ”・国指定天然記念物「天窓洞」
画像
波の音を聴きながら、贅沢な時間です

 
         
 

西伊豆の伝統の手仕事といえば


「本枯れ節」鰹節つくりを明治15年創業の商店で。 「手火山式焙乾法」という拘りの製法で作る鰹節です。 燻製にするときの薪も大事な決め手だそうです。
昔から鰹節は縁起物でもありました。軒下に吊るさ れているのは・・・
虻川さん、「削り節が美味しいんですよ」と言われて 久しぶりの鰹節削りに挑戦です。削ったもので作る 秘伝の味、これは自宅でも楽しめそうです。



  画像
「手火山式焙乾法」手間と時間をかけます
画像
鰹節削り、懐かしいですね
画像
先祖から受け継がれて来た「出汁茶漬け」
 
         
 

驚きの“切り絵”の手技!


小学校で切り絵を教えているという紙切り作家の 水口千令さんの作品が展示される工房「Galleryカルノ造舟」でその技を 見せて頂きました。下絵なしで次々と生み出される 水口さんの切り絵ワールドを暫しお楽しみください。 虻川さんはマイファミリーの作品に大感激でした。

  画像
水口さんの作品・修善寺
 
         
 

春の食材満載の山菜アート


一日一組限定の里山料理が楽しめる宿へ。 食材は地場産の物や家の周りでとれるものを楽しんで もらいたいという女将の加藤敦子さんと野草の採取、 今回の取って置きは水のきれいなワサビ田でとれた わさびの味・わさび丼!
加藤さんのおもてなしの心に寛ぎます。春一杯のお膳は 番組で・・・

  画像
春の訪れを告げるフキノトウ
画像
江戸時代に築かれた石垣の棚田のわさび田
 
         
 

旅の終わりに

虻川美穂子さんの明るい笑顔に誘われての伊豆半島。 日本の季節感を満喫して頂ければと思います。



 
 
         

次回、2546回は友近さんが山口県下関〜長門〜山口を旅します。
「遠くへ行きたい」初登場の友近さん。イベントや公演で地方に行くことはあるものの、あまりゆっくり自分の時間がとれないという友近さん。そんな中での山口おんな一人旅です。

・山口県最大の都市、下関。港町下関・唐戸市場で新鮮な海の幸を探します。

・下関といえば“ふぐ”のイメージですが、近年注目されているのが、漁獲量日本一の“アンコウ”。捨てるところがほとんどないと言われるアンコウを豪華料理が自慢のお店で頂きます。

・日本海を眺めながら下関を北上し、次に目指すのは長門市。「日本で最も美しい場所31」に選ばれた神社があるというので・・・ 長く連なる朱の鳥居と青い日本海の絶景に、友近さん大興奮。

・続いては、お風呂から日本海の絶景を独り占めです。 「日本一の美肌温泉」という露天風呂を満喫します。

・かつて西国一の勢力を誇った大名・大内氏の拠点となった山口市へ。 京都に倣った街づくりを行ったことから「西の京」と呼ばれた山口市。大内氏時代の歴史の名残りを探します。 奈良の法隆寺、京都の醍醐寺の五重塔と並んで日本三名塔の一つに数えられる古刹、瑠璃光寺の五重塔や、山口名物の外郎(ういろう)、日明貿易の輸出品として推奨された雅な大内塗などなど・・・

・旅の終わりは、友近さんがこの旅でどうしても会いたかったという旅館の女将を訪ねて、湯田温泉へ。 宿の大女将が56年間にもわたって毎晩繰り広げてきた「女将劇場」、芸人としてはずっと気になっていたショーに友近さん大興奮です。

冬の日本海の海の幸、想像を超えるものすごい絶景、歴史散歩
そして「女将劇場」・・・女ひとり旅、出かけてみて味わえる出会いも満喫しました。ご一緒どうぞ。




         




         

Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.