画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに


今回のつるの剛士さんの福井県の旅、関西の方々には必見です。
ご承知のようにこの番組は読売テレビ発ですから、 関西や北陸などの近隣地区を旅するときに、 関西に住む人がどんなイメージを持っているか、 それなりの反応が話題になります。
で、今回の福井県、私なんかの関東の住人から すると福井=越前、若狭ですから、 旅のバラエティはあると思うのですが、聞いてみると、 どうも行くのに半端な距離らしいのです。 海の幸や自然を楽しむなら丹後半島、温泉ならば城崎、 があるじゃない、という事のようです。 「いや越前ガニ、は福井ですよ」「いや、いやカニなら 香住とか兵庫の日本海側のカニツアーが楽しいよ」で、 完成試写の後の会話:「いや〜福井、見直しましたよ」 「越前ガニ、小浜のサバ、敦賀の昆布・・ 行ってみたくなりましたね」でありました。
皆さんも改めて福井の魅力感じて頂けると思います。
今回のプランは食べること、料理することの 大好きな松田ディレクターの真骨頂の企み、 “越前ガニの初セリ”の日に旅のスケジュールを設定しました。


 

画像
一年に一度のチャンス、
見事な旅の始まりです。
どうです、このカニの立派なこと!

 
         
 

越前ガニの初セリ・越前町漁協

こちらのカニ漁場は近いこともあって、 水揚げされたカニの鮮度が抜群、初競りめがけて、 カニが市場にどんどん並びます。 今年は幾らのご祝儀相場になるのか、セリが始まりました。 “極”というブランド、重さ、甲羅幅、爪幅3拍子揃ったものが珍重されます。

 

画像
初日の漁は快調だそうで、
活気に満ちていました
画像
次々と競り落されていきます。
ご祝儀相場は番組で

 
         
 

地元の人が「これがうまいのよ!」

「越前ガニは高いからそんなにいつも口に出来ないから、 俺たちはみんなこの小ぶりの“セイコガニ”を食べるんだ」 と聞きました。“セイコガニ”は卵が美味しいんだという事で・・・


 

画像
“セイコ丼”この格別の旨さに
つるのさん、言葉もありません

         
 

こだわりの敦賀の昆布・蔵で寝かせるこんぶ!?

福井でもう一つの名物海産物が“昆布”です。 江戸時代、北前船の寄港地として栄えた敦賀の老舗を訪ねます。 “蔵囲(くらがこい)昆布”を見せて頂きます。 利尻や礼文で採れた天然昆布を蔵でねかせて、 昆布臭や磯臭さを取り除くと旨さが増します。 中には30年を超えるものもあります。
何故、敦賀が名産地になったのでしょうか?

  画像
蔵囲昆布がずら〜り
画像
新昆布と10年寝かした昆布の出汁
画像
縁起物の細工昆布、包丁一つでこんな見事なものが!
 
         
 

見事な職人技から生まれる「おぼろ昆布」

これも江戸時代に敦賀で始まった昆布の使い方だそうです。 美味しい昆布をもっと身近に食べられるようにと 考えだされたんでしょうね。“昆布かき”という技術、 現代の名工に選ばれるほどの別所昭男さんの機械では 出来ない手技に感嘆です。

 

画像
つるのさん体験させてもらいましたが…
画像
これも包丁一本の手技です

 
         
 

敦賀の冬の夜の名物・敦賀港イルミネーション

年末の季節になると、各地でイルミネーションイベントが 行われますが、敦賀港でのイルミネーション “ミライエ2020”も北陸地方の名物になっています。



  画像
光の海の散策、カニ料理、
温泉の後の冬の楽しみです
 
         
 

若狭湾の絶景を見るなら・・・

若狭町に出ました。ケーブルカーで行くレインボーライン・ 山頂公園、思いがけない絶景です。 若狭湾と三方五湖を一望、贅沢なひと時です。
放送でご一緒にどうぞ。


  画像
レインボーライン・山頂公園
 
         
 

三方五湖の伝統漁2つ


レインボーライン・山頂公園から見下ろした 三方五湖で伝統漁に出会いました。資源を獲り過ぎない知恵の漁、 柴漬け漁とウナギ筒漁。自然任せの漁ですが、「なるほど!」の仕掛けです。

  画像
昔ながらの形の船で出掛けます。
静かな湾内、ホッとする光景です
画像
このウナギ頭が小さいと思いませんか?何故でしょう?
 
         
 

サバと言えば小浜・鯖街道の歴史

余談ですが米大統領がオバマさんになった時に 話題になりましたね“小浜”
昔から若狭湾で獲れた魚は小浜から京都に運ばれていました。 その中心がさばだったため“さば街道”の名が今も残っています。

  画像
町を歩くと名物「浜焼きサバ」の
美味しそうな匂いが漂います
 
         
 

小浜の代名詞・サバを守る試み“よっぱらいサバ“

近年、鯖の漁獲量が減っているため、 こんな工夫が行われていました。
ブランド化されている“よっぱらいサバ“の養殖です。京都の酒蔵から 取り寄せた或るものがエサに使われているので、この名前が付きました。


  画像
脂がのって、美味しいと大評判だそうです。

 
         
 

サバの町で生まれたおふくろの味

“よっぱらいサバ“や小浜のサバをもっと広めようと 地元のおかあさんたちが、色々なレシピを工夫していて、 「御食国若狭おばま食文化館」で料理教室なども開いています。



  画像
刺身、しめ鯖のぬた、押し寿司…
皆さん自慢のサバ料理が並びました
 
         
 

旅の終わりに

旅を終わってつるのさん「この旅で福井・越前の食文化の豊かさ、 改めて知りました」番組を見終わると、皆さんもきっと、 「機会があったら」ではなくて、「機会を作って」出かけてみようか、 という気分になりなりますよ。



 
 
         

次回、2537回は高橋光臣さんの京都・おもしろ探検です。 京都は時代劇の撮影などで何度も来ているのですが 旅する気分はありませんでした。そんな京都、 日頃気になっているスポットを初めての「遠くへ行きたい」で、 見たり、聞いたり、試したりそして食べたり… さて、どんな京都の旅になるのでしょうか。
・嵐山・渡月橋そばの船乗り場から紅葉の保津川へ
・早速、面白いものに会いました。 「なにこれ、船のコンビニ!?」
・屋形船で送迎してもらえる、素敵な眺望と ホスピタリティで知られる旅館も気になります
・映画の撮影中も時間を見つけてランニングを欠かさない高橋さん、 今回の旅でも寺の参道の坂道、京都を一望する山の上の 絶景の見晴らし‥・を楽しみます。
体力のある方にはこんな京都巡りもおススメです
・御所の近くの神社の境内でびっくりのパフォーマンス。 やっていたのは御年91歳の方!
・賀茂川上流で予想外の展開です。 あの特別天然記念物の生き物が見られると聞いて、 半信半疑の高橋さん。シュノーケルで川の中を覗くと・・・
・町家が多かった京都には“銭湯”が沢山ありますが、 高橋さんが訪ねたのは、創業70年のバラエティに 富んだ風呂が楽しめるという“面白い”銭湯
・そのほか、午前4時からやっている京うどんの店、 竹の里を本拠地に海外でも演奏活動をしている“竹大筒”の集団など・・・
高橋光臣さんの京都は面白ことがいっぱいです。
どうぞお楽しみに。






         




         

Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.