画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに


今回は「雨でも、気の持ちようでこんなに楽しい!」がテーマです。 旅先の雨って、勿論好きな人はいませんね。でも、 「雨だからと言って旅を中止する訳に行かない」というのは普通のことで、番組の旅でも同様です。
今回、初演出の中嶋ディレクターと虻川美穂子とのタッグ、どんな旅になったのでしょうか。
雨模様を縫いながら色々な発見をして、それなりに楽しい旅になったようです。


 

画像
雨でもなんだか楽しそうな虻川さんです。

 
         
 

南紀白浜に行くならここは外せません

そうです!パンダの自然な表情が見られる「アドベンチャーワールド」、 虻川さん、パンダの想像以上の可愛い仕草に大興奮、早くもパワーチャージです。
番組ではここに何度も出掛けていますが、 旅人によってどんな動物に関心を持つかで、「アドベンチャーワールド」の楽しさが異なるようです。
中嶋Dは虻川さんをどんな動物に会わせたのか、そのあたりの旅人の目線もお楽しみ下さい。

 

画像
南紀白浜の人気スポット「アドベンチャーワールド」
画像
どうです、このパンダの仕草!
木の上だと安心するんだそうです

 
         
 

関西の人たちには待ちかねたあの魚の鍋の季節です。

和歌山・白浜で人気の高級魚、関西各地からわざわざ食べに行くほどの人気だそうです。 “ふぐ”じゃありませんよ〜食通の方にはもうお分かりでしょうが、
今回の<見どころ>ではその正体は不明、としておきます。
以下、この高級魚の情報です。マグロの養殖で知られる近畿大学の養殖場でご対面。 こちらではマグロだけでなく、タイは勿論のこと天然に負けない味の“この魚”の養殖をしていました。 元気で泳ぎまわりエサを食べるのを見て「養殖出来るようになったんだ」と びっくりの虻川さんです。更にもっと安価に提供できるようにと、生み出された魚がありました。 こちらも放送でご覧ください。


 

画像
虻川さんがすくい上げた魚、
表情からこの大きさお判りでしょうか

画像
これからの季節はなんといっても“鍋料理”

 
         
 

紀州と言えばやはり“みかん”

みかんの原種と言われる“橘の木”が大切に育てられているその名も「橘本神社」
こちらには「みかん祭り」、というのもあるんです。 秋の大祭には全国からみかん農家が集まってお供物をするそうです。

  画像
橘本神社(みかん神社)
画像
境内にあるみかんの原種“橘の木”
画像
こんなに巨大なみかん饅頭もお供えされます
 
         
 

みかんの町は手仕事の町

みかんの町、海南市の往時の佇まいを残す「黒江地区」で “みかん”を使った漆器を見つけました。手間をかけた仕事です。

 

画像
雨上がりの「黒江地区」
画像
この盃、何から作られているのか…

 
         
 

台所だけじゃない、日常生活で使いたい「棕櫚製品」

ヤシ科植物の棕櫚は海南市の特産物。棕櫚の皮から採れるやわらかい 繊維を利用した家庭用品作りが盛んです。棕櫚の箒、使っていらっしゃる方もいますよね。
中でもよく知られているのが「棕櫚のたわし」
その製造工程を見せて頂きました。


  画像
一つ一つ、手仕事で作られます
画像
棕櫚のたわし、台所用品だけでなく用途は様々です
 
         
 

熊野古道へ!

雨の多いことでも知られる熊野地方、念願の熊野古道歩きも雨の中、 先ずは古道の入口で道具揃え。初心者に必要なのは“杖” 自分で磨いて作ったという“杖”を勧めてくれた売店の木田豪さんの 「こんな時に歩くのが楽しい思い出になるんよ」と雨の旅の心得を頂いて出発です。

  画像
熊野古道歩きの必需品“杖”を買いました
 
         
 

中辺路途中の茶屋でひと休み

「雨なのに、ご苦労さんやな」と声をかけられた伏拝茶屋では 「雨もいいもんです」というご夫婦とお弁当を頂きながら暫しの座談。
道中での一会の出会いも楽しい旅の思い出です。その様子は放送で…
虻川さんが頂いたのは予約しておくと茶屋まで届けてくれるという 地元の温泉民宿大村屋の“熊野古道弁当”

   画像
お昼の弁当は“熊野古道弁当”
 
         
 

熊野古道ならでは“森の宝石”発見!

これはとても不思議な工芸品です、染料を使った木工品とだけ言っておきましょうか。
本業は林業という吉水栄樹さんの工房を訪ねました。 「木材として使われない木々を再利用したいと、父親が考案した染色方法を継承して、 所有地の立ち木を染めています」あとは放送をご覧ください。

  画像
立ち木を切ると…これからどんなものが・・・
 
         
 

熊野本宮大社に着きました!

時折の雨を道連れに、本宮大社へ。宮司の九鬼家隆さんの 「この自然の中で人は生かされている」 という言葉が身に染みたという虻川さんでした。


   画像
熊野本宮大社への石段、赤い傘が色を添えます
 画像
静けさが心地よい雨の中の旅の終わりです
とても贅沢なひと時でした
 
         
 

旅の終わりに

冒頭にも書きましたが、何度かでてくる「雨の話し」、 中嶋Dの投球を「ひょい、ひょい」と受けてくれた虻川さんとの旅、 いろんな“旅は道連れ”を見せて呉れています。
という訳で、そんなこんなの道中をどうぞ、放送をお楽しみ下さい。



 
 
         

次回、2533回はますだおかだ増田さんの 「秘湯ハンターシリーズ・富山〜黒部立山」の旅です。 「こんなに天気と季節の紅葉に恵まれていいんだろうか」と思わず恐縮する贅沢な旅です。
・富山でびっくりの銭湯、ウォータースライダー付き!
天気予報をにらみながら、先ずは立山の絶景へ。
・紅葉 高原バス・ロープウェイ、紅葉の大パノラマ、天空の紅葉 
ヒュッテの温泉はまるで天国!立山の夕景そして大迫力!

満天の星空
・標高日本一!雲表の温泉
大満足で再び富山市内へ
・懐かしい!越中富山の置き薬、女性に大人気!健康薬膳料理
・さすがは富山、薬と科学の知恵がつまった入浴剤
・入浴剤で温泉気分を味わっている個人のお宅まで押しかけての秘湯ハンター、
何だか富山がいっぱいです。

風呂上りは
・冬の富山の味覚三昧 味覚の女王!紅ズワイガニ
増田さん想い出の味!白エビ
・旅の〆はこれぞ秘湯を発見、トロッコ電車で秘境へGo!
地獄でマイ野天風呂・・・
いや〜、なんだかとても楽しそうな秘湯ハンターです。
どうぞ、お楽しみ!







         




         

Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.