画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
   
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

前回のつるの剛士さんの「東京湾めぐり」に続いて、少し旅先の範囲を広げて今回は虻川美穂子さんが神奈川県小田原から箱根を旅します。 旅好きの皆さんにはおなじみの土地ですが、前回のつるのさんの東京湾もそうでしたが、旅人目線で見ると、 スタッフの予想を越えたものが見えてくるところが面白です・・・そんなところを期待しながら放送をご覧頂ければ幸いです。




 
         
 

モヤモヤを吹き飛ばせ!滝行修業

旅の始めは、久し振りの旅ということで、先ずは精神統一。「足柄修験の会」の市川さん、平出さんの指導を頂いて、南足柄市の「夕日の滝」で滝行です。
「最初はびっくりしたんですけど、徐々に慣れてきてスッキリしたような気がします」と虻川さん。

 

画像
水温18度、落差23mの滝は想像以上のパワー!

 
         
 

小田原城で甲冑隊と遭遇!

その名も「小田原 北條手作り甲冑隊」、“手作り”って気になりますね。
甲冑姿で小田原を盛り上げたいと歴史愛好家や甲冑好きが集まり1998年に設立されました。 皆さんそれぞれ役割があって女性の隊員もいます。
<城代家老・森田さん>が気になる“手作り”の謎を教えてくれました・・・

  画像
「えい、えい、お〜」鉄砲も持っていますよ〜
画像
手作りの冑です。ほとんどホンモノに見えますが、 これを“手作り”!?
 
         
 

小田原に来たらやっぱり新鮮な魚ですね

相模湾の新鮮な魚が揚る小田原漁港へ。周辺には魚店が集まっています。
「小田原さかなセンター」にある店には自慢の海鮮丼の数々が並びます。
勿論、食べることも出来ます。虻川さん、ピカピカのアジ、生シラスに感激です。
コロナ対応で生まれた新しいデリバリーシステム、海鮮のドライブスルー、も人気です。

  画像
小田原魚センター、魚を見て、食べて・・・
画像
事前に注文しておいて、車が着くと「はい、毎度、どうも!」
         
 

珍しいフルーツの“かき氷”!?

漁港の隣で見つけた、あっと驚く“かき氷”の店。氷を使わない“かき氷”です。
こちらの店は元々、魚などを冷凍する会社。その技術を使って考え出したという“かき氷”です。想像して、放送で確かめて下さい。
詳しくは次週のお得情報で。

 

画像
かき氷店・「ひととせの雪」です

 
         
 

いま、注目のスポット、佐奈田霊社

小田原の石橋山の古戦場に建つ霊社です。源頼朝の家臣佐奈田与一を祀っています。その由来は放送でご覧いただくとして、こちらは日本で唯一、せき、のど、ぜんそくなどの祈願所と聞きました。

  画像
護摩供養を受ける虻川さん
画像
ご利益があると言われる「佐奈田飴」
   
         
 

いよいよ箱根へ、その前にまず温泉

箱根湯本の有名な日帰り温泉で一休み。
詳しくは次週お得情報で

  画像
深緑の山を見ながらの露天風呂「気持ちいい!」
 
         
 

ロープウェイで大涌谷へ

箱根でやはり行ってみたいのは大涌谷、早雲山駅から一気に。そして名物の「黒たまご」。どうやってあの黒たまごは生まれるのか、気になりますね。
「たまご池」というのがあるんだそうですよ。さて、はて・・・

  画像
やってきました!大涌谷、
「地球は生きている」を実感します
画像
どこからか運ばれてきました。
この中に黒たまごが。
   
         
 

箱根旧街道・石畳を歩きます

江戸の昔から旅人が歩いてきて、ここで休んだという「甘酒茶屋」13代目の山本さんが名物の甘酒作りを見せて呉れました。皆さんもご一緒にどうぞ。

  画像
草鞋をはいて、ちょっぴり江戸気分
画像
江戸時代初期創業「甘酒茶屋」
   
         
         
 

箱根旧街道の名物と言えば、
「寄木細工」


往時の面影が残る畑宿の石畳の旧街道沿いにある「寄木細工」の工房を訪ねました。文字通り、木を組み合わせて出来る模様を寄せ集めて作るんだそうですが、あの寄木模様、どうやって作られるんでしょうか?そして、あんなに沢山の色違いの模様、どうやって・・・?気になりますね。
見学で訪れる皆さん、制作の現場を見るまでは「どうやって色を塗るの?」「どうやってあんなに細かい模様を貼るの?」という質問が多いそうですが、工程を教えてもらうと、その手間をかける伝統技に驚嘆するそうです。ご存知の方も改めて虻川さんと一緒に伝統細工の凄さをご覧ください。

  画像
見れば見るほど不思議な模様です
(浜松屋)
画像
こんなカップも出来るんです
(金指ウッドクラフト)
   
         
         
 

旅の仕上げも温泉

芦ノ湖を見下ろす露天風呂・龍宮殿本館の絶景日帰り温泉で汗を流しました。
天気がよければ富士山を眺めながらのひとっ風呂です。

  画像
龍宮殿本館胸躍る建物です
   
         
         
 

旅の終わりに

久しぶりの旅だからでしょうか、虻川さんの楽しそうな浮き浮きした旅姿が印象的です。 しばらくの間はマスクやフェイスシールドを利用しながらの入念なケアが必要でしょうが、 少しでも各地の皆さんの情報を伝えていければ、と思っています。

 
 
         

次回、2519回は松田丈志さんの宮崎県の旅。
故郷である宮崎県の延岡市、そして日向市をめぐります。 清流でリバーカヌー初体験!、極上!旬の岩ガキ、開放感たっぷり!究極の露天風呂、日向が誇る絶景とパワースポットめぐり、ソウルフード!天領うどん、幻の柑橘へべすとは!?などなど見所たっぷりです。
どうぞお楽しみに…

         




         

Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.