画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

*新型コロナ対策、緊急事態宣言が全国的に5月末まで延期されて、自由に旅をすることも困難になっていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。「遠くへ行きたい」も4月からロケに出掛けることを自粛しています。
そんな状況を受けて、皆様にどんな旅を届けるか・・・
しばらくの間、今までしてきた旅の中から、「旅って、こんなに楽しい、素晴らしい景色が日本にはあるんだ、各地の味など旅先の出会いが貴重な日本…」をお届けすることにしました。

     
         
 

旅の始めに

まず、今回の旅は佐藤正宏さんの列車の旅・東京〜下関です。これまで佐藤さんが「遠くへ行きたい」で旅した中から「もう一度行きたい」土地を、普通列車の途中下車で振り返る「特別編」です。
2013年3月、2014年4月、同年8月の旅の中から選んだ旅先、なんだかとても贅沢です。ご一緒にどうぞ!
*情報は取材時点のものですので、現在の状況は事前にご確認ください。


画像
早朝の東京駅から「出発進行!」


 
         
 

「沼津、ぬまづ〜!」
深海生物を集めた世界初の水族館


世界で一番の水深の駿河湾を控えて珍しい生き物が集められている
「沼津港深海水族館」です。
深海にすむ珍しい生き物を見学の後は、ちょっとお腹が減りました。
「深海魚ってたべられるの?」同じ敷地には深海魚が食べられる回転すし店があるのです!

 

画像
「沼津港深海水族館」
画像
頭を下に、さかさまの「サギフエ」何故なの?
画像
深海魚回転すしの店、何が食べられるの?

 
         
 

「静岡、しずおか〜!」
地元グルメ静岡おでん


朝早くから開いている店、おにぎりの看板ですが中に入ると静岡県民のソールフード・静岡おでん。通勤、通学の皆さんの味方です。

  画像
:「まるしまのおにぎり」
画像
女将さんの佐藤つた江さんの笑顔で、更に美味しさが増します。
 
         
 

「米原、まいばら〜」
駅弁の出前


列車の旅の楽しみは何といっても“駅弁”ですね。東海道線の駅で駅弁の出前をしてもらえると聞きました。

  画像
予約をしておくと、出来立てをホームで受け取ることが出来ます。
 
         
 

「新大阪、しんおーさか〜」
大阪名物“豚まん”


取材当時(2013・3)は駅ナカでアツアツを食べることが出来、佐藤さん
熱々の熱いち、をほおばりました。

 

画像
美味しく食べてもらいたいと、工場から近い所にしか
店を作らないんだそうです

 
         
 

「明石、あかし〜」
明石が誇る商店街「魚の棚(うおんたな)商店街」

地元だけでなく、関西一円から活きのよい魚を求めて人々が集まります。
活きのいい明石のタコ、一匹丸まんまの干しダコ、たこ焼きの元祖、
“明石焼”・・・店主との楽しい会話を楽しんですっかりリラックスしました。

 

画像
魚の棚商店街
画像
活きのいいこと!明石だこ

 
         
 

JR赤穂線「播州赤穂」海に浸かる!?日帰り温泉

赤穂浪士ゆかりの地、でひと風呂、これはお勧めでした。


  画像
瀬戸内海に浸かる気分です
 
         
 

「日生、ひなせ〜」
カキオコってなに?


風光明媚な漁師町、地中海の雰囲気の海辺でした。
赤穂線・日生の忘れられない美味は“カキオコ”と聞きました。想像つきますか。

  画像
お好み焼きのようですが・・・
 
         
 

「尾道、おのみち〜」
不思議な飲み物・チャイダー


昔から尾道の茶舗が自宅で楽しんでいた飲み方・・・
ここまでのヒントで、どんなものか、お分かりですか?

  画像
大林監督のファンには聖地でしょうか。山の斜面に建つ家々。
踏切の風景も懐かしい感じです
画像
名所・千光寺、下に尾道水道が見えます
 
         
 

「宮島口、みやじまぐち」
名物は穴子を使った駅弁


あなごめし弁当を買って宮島行の船に乗ります。乗り場には「JR宮島行」とあります。「船がJRなんですね」と佐藤さん。お目当ては世界文化遺産嚴島神社と海に浮かぶ大鳥居。(現在は修復工事中です)

  画像
あなごめしを売り出した老舗です
画像
香ばしくてふっくら、あなごめし弁当
画像
山の頂から大鳥居、絶景です
 
         
 

「岩国、いわくに〜」
なんといっても“錦帯橋”


2014・8のロケの時、一度見てみたかったという錦帯橋に立ち寄りました。
全長193メートル、幅5メートルの木造橋です。

  画像
美しいアーチ橋、国指定の名勝です
 
         
 

「下関、しものせき〜」
下関と言えば・・・


食いしん坊には、避けて通れない“ふぐ”ですね。
ふぐの刺身をたっぷりを使った丼があるというのです。

  画像
関門海峡の風景もご馳走です
画像
豪快な丼だ!
 
         
 

旅の終わりに

東京〜下関、地元の味を中心に一気に駆け抜けましたが、途中の風景も見逃せません。佐藤さんの途中下車の旅は、まだまだ楽しめそうです。
*新型コロナ対策の緊急事態宣言が解けて、旅が楽しめるようになる日を待ちたいですね。お出かけの際には現地の情報をお確かめください。

 
 
         

次回、2509回はますだおかだ増田さんの“秘湯ハンタースペシャル”「遠くへ行きたい」で増田さんが訪ねた秘湯の数々の中から、北海道から沖縄まで地元の皆さんが“日本一”と自慢する風呂、温泉を巡ります。
最北の温泉、天空の湯、美肌の油温泉、ヒバ千人風呂、浜辺の秘湯、煙もうもうの蒸し風呂、最西端、最南端温泉・・・
温泉愛好者でなくとも、皆が大好きな温泉国日本の秘湯巡り、どれもこれもなるほど“日本一”のような気がします。お楽しみに!
 



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.