画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

今回、旅をするのは、初めてとなる高橋和也さんです。埼玉県の長瀞町や寄居町、秩父市をめぐります。絶景や極上グルメ、珍スポット!?など、春を迎えた秩父の魅力探しの旅に出発です。


画像
高橋和也さんの埼玉県の旅です!


 
         
 

スリル満点!キャニオンウォーク

まず高橋さんが発見したのは、秩父市を流れる荒川にかかる吊り橋。実はこれ、命綱をつけて吊り橋を渡るアクティビティ、キャニオンウォークなんです。高橋さんも勇気を振り絞りいざ!秩父ジオグラビティパークの天白三鈴さんにハーネスを装着してもらい、空中散歩に挑戦します。

 

画像
天白さん(写真右)と高橋さん。
画像
見えますでしょうか。渡るのはこの吊り橋です。

 
         
 

埼玉屈指の名所!長瀞

埼玉が誇る屈指の名所、長瀞にやってきました。そこで発見したのは、手焼きのせんべい!長瀞雷神堂の村田直也さんにお話を伺いながら、焼きたてのせんべいをいただきます。そして、天然記念物、長瀞の岩畳に腰かけ小休止。じっくりと渓谷美を堪能します。

  画像
村田さん(写真右)と高橋さん。
画像
岩畳に腰かけ、ゆったりとしたひと時を味わいます。
 
         
 

珍しい石の博物館!(秩父珍石館)

荒川の石を収集している珍しい博物館があると聞き、秩父珍石館を訪ねます。館長の羽山芳子さんに案内してもらい見せてもらうと、展示されていたのはなんと人面石!それも700以上。いったい誰に似ているのか。絶妙に似ている人面石たち、じっくりご覧ください。

  画像
羽山さん(写真左)と高橋さん。
様々な人面石が登場しますので、是非ご覧下さい。
 
         
 

春が旬の椎茸&極上ジビエ!(きのこの里 鈴加園)

山里を歩いていて見かけたのは、何かを収穫している方たち。声をかけ、フキノトウをとっている、というお話を鈴木宇延さんに伺っていると、次につれられたのは椎茸の栽培場。収穫体験をさせてもらうと、今度は鈴木さんが営む、きのこの里 鈴加園へ。ジューシーな焼きたて椎茸をいただくと、さらに猪肉や鹿肉、最高峰の熊肉という極上のジビエが。怒涛の展開、フルコースです。

 

画像
鈴木さん(写真左)と高橋さん。画像
とれたてホクホクの焼き椎茸や、
画像
極上のジビエをいただきます。

 
         
 

開放感たっぷりの森遊び!(秩父 ソト遊びの森)

山の恵みをいただいた後は、秩父の森遊び。秩父 ソト遊びの森の長橋直美さんに手ほどきを受け、立ち乗り電動二輪車、エアーホイール初体験です。春の風を浴びながら、童心にかえって森の中を駆けめぐります。

 

画像
長橋さん(写真左)と高橋さん。手ほどきを受けます。
画像
操作に慣れたら、森遊びに出発です。

 
         
 

春の恵み!秩父産メープルシロップ(MAPLE BASE)

秩父 ソト遊びの森のすぐ隣にある、MAPLE BASE。ここには、他では味わうことのできない逸品があります。それが、秩父のカエデ樹液のみを使用した、秩父産メープルシロップです。この時期にしかとれない樹液を使用した貴重なメープルシロップ。町田利恵さんんにお話を伺いながら、パンケーキをいただきます。


  画像
町田さん(写真右)と高橋さん。
 
         
 

オオカミをまつる神社とは!?(釜山神社)

美しい木立の参道に引き込まれるように訪れた釜山神社で見かけたのは、狛犬ではなくオオカミ!?いったいどういうことなのか。宮司の岩松新岳さんにじっくりとお話を伺います。

  画像
岩松さん(写真右)と高橋さん。後ろの掛け軸にもご注目ください。
 
         
 

世界が注目!イチローズモルト
(ベンチャーウイスキー 秩父蒸留所)


イギリスで開催されるウイスキーの品評会、ワールド・ウイスキー・アワードにおいて、2017年から3年連続で最高賞(部門別)を受賞しているのが、ベンチャーウイスキー 秩父蒸留所のイチローズモルトです。田畑総真さんに蒸留所を案内してもらい、世界が注目する、イチローズモルトをいただきます。

  画像
田畑さん(写真左)と高橋さん。
画像
イチローズモルト、いただきます。
 
         
 

滝を望む絶景露天風呂!(秩父温泉 満願の湯)

秩父といえば、温泉地としても有名です。ということで、疲れを癒すべく、秩父温泉 満願の湯、滝を望む露天風呂につかります。聞こえてくる心地よい滝の音。時間が経つのも忘れてしまいそうなひと時です

  画像
秩父温泉に浸かって、身も心も癒されます。
 
         
 

雄大な自然と人々の営み。その2つが、とても良いバランスで育まれてきたのが秩父だと感じました。まさに秘境と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。是非、ご覧下さい!

 
 
         

次回、2502回はつるの剛士さんが愛媛県八幡浜〜宇和島でごちそう探しの旅をします。
水産加工の町八幡浜では市場の食べ歩きを楽しみ、うちわエビなんていうご馳走、40軒もあるという”八幡浜ちゃんぽん”の謎、八幡浜が発祥というあのソーセージの食べ比べも楽しんで宇和島へ。
宇和島駅では四国にしか走っていない新幹線とご対面、イタリアのシチリアが原産のブラッドオレンジが栽培されていたりする宇和島はみかん王国。養殖も盛んなご当地の自慢は何と”みかん鯛”、その味につるのさんびっくりです。
宇和島名物の郷土料理”鯛めし”は独特の調理法、美味しそうですよ〜
そうそう、八幡浜では薪で焚く銭湯に行きます。薪の材料にびっくりというか、なるほど!です。釣りが大好きなつるのさん、マイ竿で釣りました、「えぇ〜こんなものも釣れるの」でありました・・・春らんまんの愛媛を存分に楽します。ご期待ください!
 



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.