画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

眞島秀和さんの山口、瀬戸内海に面した岩国、柳井そして周防大島。
サブタイトルにありますように“丸かじり”するのは旬のもの、名物などの食べ物だけではありません。それらを支える郷土料理、歴史、伝統工芸へとマツダDのお膳立ては拡がって眞島さんの興味も尽きることのない旅になりました。
まずは、岩国に来たら歴史好きの眞島さんにはぜひとも立ち寄りたい名所の風景から、見どころです。


画像
お城女子にも人気、200mの山頂にそびえる岩国城
画像
おなじみの錦帯橋、現在は保全工事中ですが
桜の頃には工事も終わるそうです


 
         
 

歴史好きには興味津々・甲冑と鉄砲隊

錦帯橋近くの観光交流所「本家松がね」では観光客向けに戦国時代の甲冑を身に着けて記念写真が大人気、錦帯橋にかかる錦川の河原では月に一回、岩国鉄砲隊保存会による火縄銃の訓練が行われていて、間近に見ることができます。
なお、甲冑体験は期間限定ですので事前にお問い合わせください。

 

画像
展示されている甲冑です
画像
訓練とはいえそれなりの迫力です

 
         
 

江戸時代から続く郷土料理・岩国寿司

町の商人たちの間で広まり、それを吉川公に献上したことから”殿様寿司”とも呼ばれ、今ではお祝い事などには欠かせない郷土料理です。
江戸時代の商家をそのまま利用しての郷土料理教室・桜工房で作り方を見せていただいて、眞島さんも昔から男の役割という仕上げをお手伝い。
どんな具合に仕上がったのかは放送で・・・

  画像
桜工房・岩国寿司を食べることもできます

画像
これが最後の仕上げですが、何をしているんでしょう?

画像
皆さんといただきました
 
         
 

郷土料理に欠かせない岩国れんこん

岩国市尾津町、かつてこの辺りは海の一部、江戸時代に干拓が進められ、塩分に強いレンコン栽培が始まったそうです。収穫はレンコンを傷つけないように畑の水を抜いて「バンクウ」「カイカキ」などの道具を使って手掘りします。
「へぇ〜」の話ですが、普通のレンコンと違う切った時の穴が殿様のお気に入りだったそうです…

  画像
眞島さんも手伝いましたが、なかなかの重労働です

画像
岩国レンコン
 
         
 

薄暗い山道に突然現れる「山賊」

ご心配なく!岩国市玖珂の山間部にあるレストランです。夜になるとライトアップされて祭りのようです。昭和46年創業の食事処「いろり山賊」。山賊の暮らしをコンセプトにしたレストランです。

 

画像
昔の砦のような入口
画像
「山賊」の名物です

 
         
 

白壁の家並みに似合う柳井の「金魚ちょうちん」

このちょうちん、なんとお菓子屋さんで作られているのです。100年以上続く老舗・あさひ製菓の本社には民芸部があって職人さんがいました。江戸時代に始まった金魚ちょうちん、その伝統を守ろうと社内に民芸部を作ったそうです。

 

画像
白壁の家並みに金魚ちょうちんがよく似合います
画像
あさひ製菓の店・きじや
画像
山口の銘菓・月でひろった卵(あさひ製菓)
画像
眞島さん、先生に教えてもらって金魚の目を入れます

 
         
 

柳井名物・甘露しょうゆ「佐川醤油蔵」

江戸時代、交易で栄えた柳井は醤油作りが一大産業でした。殿様が愛したというこの醤油、再仕込みという伝統製法が今も続けられています。
「甘露」という名前、どうしてこの名がついたのか、放送でご覧ください。

  画像
佐川醤油蔵
画像
刺身によく合います
画像
昔ながらの木桶で仕込みます
 
         
 

瀬戸内の幻の貝

今ではあまり獲れなくなって、滅多に市場に出回らないそうです。「瀬戸貝」、これを獲るのは瀬戸内の潮の流れの速い海。ベテラン漁師の村中正和さんに同行します。

  画像
これで10年物ぐらい、だそうです
画像
潮の流れが止まる短い時間が勝負、なんと素潜りです!
 
         
 

旅の終わりに

瀬戸内の城下町・岩国、交易で栄えた町・柳井をめぐって歩いて、自分たちの町の伝統を自分たちの方法で守ろうという皆さんの心意気に圧倒されました。旅の仕上げは瀬戸内海を見ながらの絶景が楽しめる温泉・露天風呂があるというので、大島大橋を渡って対岸の周防大島へ。温泉につかって旅を思い出して、なんだかほっこりした旅でした。

 

 

 
         
         
         

次回、2496回はお馴染み秘湯ハンターますだおかだ増田さんの山梨県富士吉田〜忍野村の旅、
「秘湯ハンター 富士山の見える秘湯探し」です。
まずは、河口湖のこの時期の名物、冬花火を見ながら温泉に入れるという旅館へ。
富士吉田では名物うどんを探します。うどん部なる部活があるという高校がありました。
さすが、うどんの町です。高校生の作る名物吉田のうどんを頂きます。
ここ迄来たからには富士山の見えるお風呂を探したい。お風呂付の別荘を紹介してもらうために不動産屋さんへ。皆さん、お風呂から富士山の絶景を楽しんでいます。精進湖近くに住むドローンパイロットのお宅ではドローンで撮った絶景をプロジェクターで投影しながらの「ドローン風呂」を楽しんでいます。増田さん、人生初のドローン操縦を習い、撮った映像を見ながらのお風呂です。
最近の山梨の名物は昨年10月に初めて出荷された山梨県生まれの淡水魚「富士の介」。
貴重な魚「富士の介」とは?
山中湖ではワカサギ釣りにも挑戦!
そして、そして、この時期限定の絶景といえば…「紅富士」と「ダイヤモンド富士」、果たして見ることができるのか。人と富士山と秘湯が織りなす富士山模様の旅、どうぞお楽しみに!



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.