画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

今回、旅をするのは、篠山輝信さん。師走の京都をめぐります。伝統の中で培われた技と味、そして、その中から生まれた新しい技と味。篠山さんにとって思い出の味と場所もめぐりながら、奥深い京都!を存分に楽しみたいと思います。


画像
篠山輝信さんの京都市の旅です!


 
         
 

師走の賑わい!錦市場

旅の始まりは、活気あふれる錦市場から!京都の旬な食材が豊富に揃うことから、京の台所としても知られる市場です。師走の雰囲気を味わいながら、美味しいもの探しをしたいと思います。

 

画像
師走の活気ある錦市場を散策します。

 
         
 

京都三大漬物・千枚漬発祥!大藤

篠山さんが次に訪ねたのは、千枚漬本家 大藤です。千枚漬とは、聖護院かぶらを用いた漬物で、京都三大漬物のひとつとされています。大藤は、そんな千枚漬発祥の店で、一子相伝の味を守り続けているそうです。5代目の山甫チ理さんにお話を伺い、その技、そして味、じっくり堪能します。これぞ師走の味です。

 

画像
山浮ウん(写真右)と篠山さん。
画像
こちらが聖護院かぶらです。

 
         
 

思い出の劇場へ!(南座)

篠山さんの思い出の劇場、それが南座です。川端葵さんに案内してもらいます。10年ぶりに訪れた南座、篠山さんの舞台人としての一面が垣間見えるはずです。

  画像
川端さん(写真右)と篠山さん。
画像
篠山さんにとって、とても思い入れのある劇場です。

 
         
 

豪快!西陣織の緞帳づくり(川島織物セルコン)

南座の緞帳や、全国にある劇場の緞帳を制作しているのが、創業175年を誇る川島織物セルコンです。脇田常弘さんに制作現場を案内してもらいます。西陣織による豪快で繊細な緞帳づくり。織機の大きさがすべてを物語っています。篠山さんも初めて見る光景に大興奮です。

  画像
脇田さん(写真左)と篠山さん。
画像
緞帳づくりの技を拝見します。
 
         
 

こだわりの詰まった究極のすっぽん鍋!(大市)

篠山さんの思い出の味。それは、家族旅行で京都に来た際に食べたすっぽんです。その味が衝撃的だったといいます。そんな記憶をたどりながらやってきたのは、すっぽん料理 大市です。18代目当主の青山佳生さんにお話を伺います。素材であるすっぽん、調理器具である鍋、そして調理方法にいたるまで、ひとつとして妥協のない究極のすっぽん鍋。感動の味に再会です。

 

画像
青山さん(写真左)と篠山さん。
燃え盛る炎、そして鍋、すべてにこだわりが詰まっています。
画像
すっぽんです。

 
         
 

自然満喫!フィールドアーチェリー

京都市北区雲ヶ畑。ここに、自然を満喫しながら楽しめるアクティビティがあると聞き、やってきたのは白梅スポーツクラブです。波多野眞さんにお話を伺い、自然の中に設置された的を射抜きながらめぐるフィールドアーチェリーに挑戦します。一緒にまわるのは、同じく初挑戦の塚本彩子さん。矢が放たれると的までは一瞬、その瞬間をお見逃しなく。

 

画像
(写真左から)波多野さん、篠山さんと塚本さん。
画像
自然に触れながら弓を射るのが、フィールドアーチェリーの醍醐味です。

 
         
 

京都最古の禅寺で話題の新アート!(建仁寺)

開創800年の歴史を誇る京都最古の禅寺、建仁寺。その建仁寺で最も有名な作品が、国宝「風神雷神図屏風」です。言わずと知れた江戸時代の傑作。ですが、他にも、建仁寺には様々なアート作品があり、それらは平成に生まれたものもあります。浅野俊道さんに案内してもらいながら、新しいアート作品めぐりに出発です。

  画像
浅野さん(写真右)と篠山さん。
画像
こちらは国宝「風神雷神図屏風」です。
 
         
 

地獄の番人!えんま様の秘密とは!?(千本えんま堂 引接寺)

上京区の千本通には、なんとえんま様をお祀りしている寺があるそうです。それが、千本えんま堂 引接寺。住職の戸田妙昭さんにお話を伺います。えんま様というと、地獄の番人で恐い印象がありますが、それにはある秘密があるそうです。いったいどんな秘密なのか。じっくりご覧ください。

  画像
戸田さん(写真左)と篠山さん。
画像
扉の向こうにえんま様が…いったい秘密とはなんなのでしょうか。
 
         
 

歴史があるからこそ新たなものが生まれ、また、それを受け入れる奥深さがあるのが京都なのではないでしょうか。京都の新発見はまだまだあります。是非、ご覧下さい!

 

 

 
         
         
         

次回、2489回はフリーアナウンサーの川田裕美さんが東京の下町を巡り、江戸っ子人情とのふれあいを楽しみます。実は川田さん、大阪生まれ。
猛スピードの墨田川ツアーをびっくり体験。年の瀬、正月を迎える準備と言えば「酉の市」、浅草鷲神社で賑やかに縁起熊手を求める人々に交じって川田さん大興奮。谷中銀座、砂町銀座の人情商店街で美味探し。新年の消防出初式の練習にも出会いました。下町職人の硝子を作る見事な手技。江戸東京野菜の亀戸大根の秘密・・・江戸ツアー初めてづくしの川田裕美の旅、新年が目の前の歳末風景、ご一緒にお楽しみください。



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.