画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

年に一度の“冬の京の旅”です。「何回も京都に行っているのに、よく色々な話題を見つけてくるね」とおっしゃる方も「京都はよく知っているよ〜」とおっしゃる皆さんもいらっしゃいます。
「で、今回はどんな京都を旅するの?」、何せ、タイトルが「コツで楽しむ・・」ですから・・・どうぞ、ご期待ください。
番組を見てのお楽しみがあちこちありますから、謎かけが多い、見どころです。


画像
「アクションスター渡辺徹」と洒落て、鴨川の飛び石に挑戦です


 
         
 

今宮神社参道の“あぶり餅”

思わせぶりな前書きをしましたが、そこはやはり、京都。まずは名刺代わりに、平安時代からの名物、そして欠かせない平安からの井戸・・・
歴史を感じて頂いて、京都歩きを始めます。

 

画像
「一文字屋和舗」炭火で餅を炙るいい匂いが漂います。

 
         
 

出町柳の台所・「出町桝形商店街」

鴨川の近くにある地元の商店街。生活に必要なものが揃うという、買う人も売る人もお馴染みさん、旅人にも気さくに声をかけてくれます。
見つけましたよ〜豆腐屋さんに鯖寿司の店、気になりますが、詳しくは来週のお得情報で・・・

 

画像
さて、この商店街で何を買いましょうか!

 
         
 

京都の竹林、と言えば嵯峨野、
とお思いでしょうが・・・


見つけましたよ〜その名も「洛西竹林公園」の竹林の小道。そしてこの竹林が見事な美観を保っているのには、ボランティア活動をする“京都発・竹・流域環境ネット”の皆さんの力があるのです。
手入れをする人手が無くて、ジャングルのようになっていた竹林を間引いて、きれいな竹林の道に整備したり、立派なタケノコ畑にして美味しいタケノコも採れるようになったそうです。冬の間も手入れを欠かしません。渡辺さん竹を伐採するお手伝い。ひと仕事の後は自慢の冬でも美味しいタケノコ料理の数々をご馳走になりました。

  画像
竹林の小道、独り占め!
画像
竹林の手入れ、意外に力仕事でした
タケノコ農家を継ぐという若い女性もいらっしゃいました
画像
煮物、佃煮、すき焼き、皆さんのご自慢のタケノコ料理です

 
         
 

京都の路地歩きのコツには“わらべ歌”が役に立ちます

“丸竹夷二押御池・・・”
これは京都通なら、そして京都育ちの人なら良く知っている通りの名前を読み込んだわらべ歌ですね。昔は誰でも口ずさめたこの通り歌ですが、今の子供たちは教えないと歌えないそうです。
練習している御所東小学校の学童クラブにお邪魔して渡辺さんも仲間に入れてもらいました。今風に子供たちが楽しめる工夫もされていました。どんなものかは、放送で一緒に歌ってください。京都の町歩きの時の{私、今どこ?}から解放されるかもしれませんよ。

  画像
こんな地図があると便利ですね
 
         
 

路地裏で見つけた和紙屋さん

大通りからちょっと入ったところにこんな小路が・・・その名も膏薬辻子(こうやくずし)。大きな渡辺さん、俺、入れるかな?の先で見つけた和紙屋さん、多色刷りの版画やオリジナルのはがきも可愛い!渡辺さんお土産を買いました。こういう店を知っていると京の町歩きは更に楽しくなります。

 

画像
130年前から続く刷りの工房 

 
         
 

京都市内にこんな里山が・・・

京都市右京区京北…見つけたのは立派な茅葺き屋根の家。この辺りには何軒もの茅葺き屋根の家が残っています。ちょっとびっくりです。京都で茅葺き、と言えば郊外の美山地区が知られるところですが・・・
京北の農家民宿にお邪魔しました。農作業を手伝いながら滞在する“アグリツーリズム”が評判でインバウンドの人たちに人気だそうです。

 

画像
京北地域の風景です

 
         
 

京都で、納豆が南北朝時代から食べられていた!?

京北の里山で気になる大豆畑が、茨城出身の渡辺さんとしては気になります。大豆というと納豆を連想するといいます。「まさか、ここで納豆が?」これもビックリです。さて、どんな展開になるのでしょう?

 

画像
「山国さきがけセンター」、そこで作られていたのは・・・
渡辺さんの後ろに見える幟がヒントです
画像
餅の上に載っているのは○○です!皆が大好きなおやつ?

 
         
 

旅の終わりに

如何でしたか、意外なところに穴場というか、知らない京都がありました。こんな風に探してみると行ってみたくなるところ、何ヶ所もありますね。皆さんも、試しに歩いてみませんか。

 

 

 
         

次回、2486回は田中要次さんが佐賀県佐賀平野〜有明海〜呼子〜唐津を旅します。
田中さんが前から気になっていたという、佐賀県で行われる熱気球の祭典「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」へ。17カ国から123人もの参加者が訪れる世界的な大会です。
要次さんもオフィシャルバルーンに乗って、いざ、大空へ飛び立ちます!
優勝者には江戸時代から伝わる鍋島緞通が!?その作り方に驚きます。
さらに広大な干潟が広がる有明海では、ムツゴロウの大群を目撃!?
地元で愛されるとっておきの珍味も味わいます。
そしてこの良質な泥で育てる特産のレンコン掘りにも挑戦!
港町・呼子では日本三大朝市へ。町の名物・イカの活け造りの早技にも注目です。
旅の最後は200年続く秋の例大祭・唐津くんちに参加。
商人たちが客をもてなすために作るくんち料理とは?
佐賀県の秋をたっぷり楽しむ旅です。どうぞ、お楽しみ!



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.